自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
バイク・原付の頁です。車のトラブルや損害発生時にお役立ちの自動車保険比較方法や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
バイクと自転車の便利さを比較すると?
バイクや原動機付き自転車は、ペダルを足で漕いで進む自転車と違って
ご存知ガソリンを使ったモーターでタイヤを回転させて高速で進む乗り物なので、
やはり自転車よりもずっと便利で速い、という印象が強いですね。

実際、中距離くらいの目的地への移動ならバイクが小回りが利くので
時には四輪自動車よりもとても速く到着できる場合もあります。

ですが両方の便利さを比較すると、必ずしもすべての場合で自転車よりも
有利な乗り物であるとは限らず、時には自転車の方が便利で早く着くパターンもあります。

まず、自転車の場合はバイクよりもさらに小回りが利いて、
細い道も普通に走行しながら通れて、一応路肩の歩道も(現時点では)通行できます。

そして近道がしやすく動きやすいので、短距離での移動ならば自動車やバイクより
早く到着できる事も多いです。

例えば自動車やバイクで行く場合大きく迂回したり、大通りで車列に並びながら
信号で長く待機する事の多い道のりだと、細道を通って最短の近道で
小回りを利かせて進める自転車の方が速く着きやすいです。

目安としては自転車で走って20分前後くらいの距離が、どちらが早く着くかの
だいたいのスピード比較の目安になります。

それ以上の距離になると、クルマやオートバイのスピードに追いつかれてきます。
バイクと自転車の便利さを比較すると? の続きを読む


スポンサーサイト
バイク・原付 | | バイク | 2012/05/27 
50ccバイクの保険は?
排気量が50ccから125ccのオートバイや原動機付き自転車の二輪車両は、
大型バイクや普通自動車に比べると安価で購入できる、簡易的で予算的に
とても楽な乗り物のですが、小型とはいえガソリンを使用する車両なので
強制加入が義務付けられている自賠責保険に入る必要があります。

ただ、それだけでは十分な補償が対策できず、交通事故などで相手に怪我を
させてしまった場合の賠償金を少ない金額で補填してもらえるのみです。

接触事故の相手の乗り物や物品を壊してしまった場合の賠償金や、
ご自身が怪我をしてしまった場合の治療費と物的損害の補償、
また相手に大怪我をさせてしまった時や、死亡、後遺障害の場合に足りない
金額に上乗せをしてもらうには、任意保険にも加入する必要があります。
50ccバイクの保険は? の続きを読む


バイク・原付 | | バイクのある生活 | 2011/07/11 
2輪車の任意保険は値段がお得?
大型スクーターや原動機付き自転車などの自動二輪車
小型で排気量も低い乗り物なのですが、4輪の普通自動車や
トラック、キャンピングカーと同じく、れっきとした「車両」の区分になります。
(なお、自転車も一応歩行者扱いではなく、車両となります。)

ですが、普通四輪車の場合はほとんどのドライバーが任意保険に
加入されているのに対して、バイク(2輪車)のドライバーの方は
全体の3分の1くらいしか加入されていないという現状があります。

もし交通事故を起こしてしまった場合のクルマとバイクのリスクの違いは、
同乗者がいるかいないか、車両の値段が平均的に高いか低いか、くらいで、
増してドライバー本人は身体をむき出しにして走行しているため、
転倒・衝突事故に遭った時の身体的ダメージの事を考えるとリスクも大きいですね。

しかし任意保険の値段は普通自動車よりも大体安く、また補償内容も
同じように受ける事ができるのでお得です。
バイク・原付 | | 自動二輪車 | 2010/12/06 
バイクの保険は料金以外は普通車と同じ?
単車(二輪車)と、普通車や大型車にかける任意の損害保険には
料金以外での大きな違いはある?という疑問について。

まず、オートバイも普通自動車と同じく、ガソリンを燃料に使い
エンジンで駆動する乗り物だあるため、立派な車両として扱われます。

『バイク保険』というのは正確には無く、具体的には自動車保険の
車種別で分類される、料金形態や一部の特約などが違う
バイクの保険、というカテゴリーになります。

また、車体の購入費用が四輪車と比べて平均的には大幅に低いため、
ボディが事故などで損壊したり機構が故障した際に、それらの
修理費や買い替え費用を補う車両保険が必ずしも必要でない、
という具合の、ユーザー側からの見解的な違いもありますね。
バイク・原付 | | バイクのある生活 | 2010/08/13 
オートバイ・単車事故に任意保険で備える必要性
オートバイ【Auto-bike】別名:バイク・単車)は四輪の普通自動車やその他の
特殊自動車と違い、二輪車のものがほとんどでありスピップや転倒が起こりやすく
また、運転者の体が露出しているというリスクがります。

モーターや燃料を使わない自転車よりも走行スピードも段違いで、
また単車の購入費、維持費も四輪自動車に比べると低いものの、
自転車と比べると大分多くかかります。

オートバイ事故の危険


オートバイに乗っている最中に単車事故に遭われてしまうと、
自動車と違いフロントガラスや鉄製のボディにほとんど身体が
守られていない上に、シートベルトやエアバック、衝突安全ボディ
といった安全設備が少ないためかなりダメージを受けやすい面があります。

また、逆に通行人や対向車のドライバー、搭乗者の人に追突事故で
大怪我をさせてしまった場合、人身障害の損害賠償で支払わなければならない
金額も場合によっては数千万円から1億円以上かかる場合があり、
自賠責保険ではとても賄いきる事ができない非常に高いリスクもあるのです。

他に、オートバイも盗難やいたずらに遭いやすく、盗難保険がなければ
被害に遭われた時に丸ごと車体や付属パーツを失う手痛いダメージを
負われてしまうトラブルの可能性もまた存在します。
バイク・原付 | | オートバイ | 2010/06/27 
バイク保険料も月払いの分割方法で振込み可能?
普通の大きさのオートバイ(Motorcycle)やスクーター、原動機付き自転車、
大型自動二輪車といったいわゆる『バイク』は自動車よりも、任意保険料の
支払い金額は全般的に安いためそれほどの負担にはならないと思います。

大型自動二輪車

しかし年一括で支払うとそれなりの金額になり、特に若い世代の方には
家計の圧迫になる、などの理由できつい場合もある事でしょう。
また自賠責やガソリン代、洗車、タイヤ交換、免許更新などの出費もあるため
なおの事ですよね。

オートバイ保険の月払


バイクは元々自動車保険と同じサービスで二輪車用に設定されているプランですので
普通車と同様に、年一回、半年に一回、十ヶ月・十二ヶ月に一回ずつ、と
一度に払うか数回に分けて払うかを選択する事が出来ます。

ですので新規加入された初めの年あたりでしたら、無理に一度に振り込まれるよりも
分割コースに設定をして余裕を持って出されても良いでしょう。
バイク・原付 | コメント 2 | オートバイ | 2010/04/25 
普通自動二輪車に任意保険を掛ける事も大切?
バイクのうちの一種である普通自動二輪車(ふつうじどうにりんしゃ)とは
総排気量(そうはいきりょう)が50ccを超えるもので、また400cc以下である
オートバイの事を指します。

さらに細かく分類すると、250cc以下の二輪車は軽二輪(けいにりん)、
250cc超のものは小型二輪(こがたにりん)という様に扱われます。

125ccを下回る車両は小型自動二輪車(じどうこがたにりんしゃ)に分類します。
自動車保険の付帯オプションとして使えるファミリーバイク特約は、
基本的に、この小型自動二輪車のみ対象に出来ます。

他のオートバイに保険をかけるには、バイク用の自動車任意保険に
加入される必要があります。

自動二輪で事故を起こしたときの為の保障


義務で加入する自賠責からの補償は事故で相手が怪我を負われた際に
120万円の限度額の範囲内で補償を受けるのみで、それ以上の額が
かかる場合や、自分自身の怪我の治療費は補填できませんので、
やはり二輪車の場合も任意保険に加入される事が大切です。

新しく新規加入される際に特に気になるのはやはり
年間で掛かる保険料の額と、保障してもらえる内容ですよね。
バイク・原付 | | 自動二輪車 | 2010/04/09 
スクーターの保険はファミリーバイク特約がオススメ?
スクーター(Scooter・すくーたー)はご存知、自動二輪車の一つで、
普通のバイクと違い、足場の板が取り付けられて、両足を揃えて
座るような姿勢で走行ができる形が特徴の乗り物です。

エンジン・モーターといった回路も座席シートの下部に取り付けられています。
車検を受ける義務は無く、また原動機付きき自転車の運転免許の取得のみで
走行する資格も得られます。

大型バイクと比べて小型で排気量は低く、スピードもそこまでは出ないのですが、
中にはビッグスクーターと呼ばれる大型サイズの車体もあります。

個人での移動用の乗り物としての所有のみならず、
出前・宅配サービスなどデリバリー業種等でも導入されています。

スクーターは自動車よりもはるかに安価で購入できますので、
もしある日走行中の故障や交通事故で大破して動かせなくなっても、
本体の買い替えや修理はそれほど金銭的にも難しくは無いでしょう。

ドライブ中のアクシデント


しかし、事故により通行中の他人に怪我をさせてしまったり、
高価な物品や建物、公共物を壊してしまった場合は、相手側での
怪我の治療費や損害賠償責任がのしかかってしまうおそれもあります。

これらの損失を補償できるのがバイク任意保険で、万全的に金銭的な安全を
取り入れるならば、こちらがに加入されるのが良いでしょう。

ですが、ご自身またはご家族の誰かがPAPやSAPの自動車損害保険に
すでに加入されている場合でしたら、車とスクーター(バイク)の
両方の補償を利かせる事が出来る『ファミリーバイク特約』がオススメです。

ご本人や同居中の親族の方が125CC以下のバイクで対人/対物事故を
起こされてしまった場合、自動車に掛けられている主契約と同等の条件にて
相手側への被害額の賠償を補償してもらえるオプションサービスです。
バイク・原付 | | スクーター | 2010/04/09 
バイクの強制保険への加入は出来ていますか?
普通自動車や大型特殊自動車のみならず、二輪である
バイクや原動機付き自転車にも、強制保険、すなわち自賠責保険への
加入がほぼ全てのオートバイに義務付けられている事をご存知でしょうか?

自動車損害賠償責任保険はドライバーの方が事故を起こしてしまった際に、
本人ではない被害者側への最低限の賠償に対する補償をしてもらえる
保障制度です。

簡単に書きますと、国によって強制加入が義務付けられていていまして、
もし未加入のまま、または有効期限切れのままバイクを運転すると
罰金か懲役、違反点数の加算といった処罰を受けます。

知らなかったり忘れていても罰則を受ける事になりますし、
その状態で事故を起こすと賠償金のてん補の請求も行えませんのでご注意下さい。


ただ強制保険への加入は義務として、それとは別に自動車任意保険の方は
バイクのドライバーの方の多くが加入されていない、という現状もあります。
バイク・原付 | | バイク | 2010/02/04 
バイク任意保険 未加入での走行はどれだけ危険?
普通自動車(四輪車)をお持ちの方は、8割以上が任意保険に
加入をされているのですが、

一方でバイクをお持ちの方で任意保険に加入されている方は
全体の30~40%と、3人に1人くらういしか入っていない、
という現状をご存知でしょうか?

バイク

バイクは他の車に比べれば支払う保険料も税金も安くて済みますし、
更にファミリーバイク特約といった付帯サービスも実施されています。
しかし、それでも任意保険に契約されている方はやはり少ないのが現状です。

二輪車事故のリスク


バイクも自動車と同じく、乗るからには交通事故をはじめとする
高いリスクが伴います。

バイク(二輪車)本体の値段は四輪自動車に比べて安いので
車両保険はそれほど重要ではないかもしれません。

ですが走行時に身体がむき出しになり、転倒事故で負うダメージは
大きいため、搭乗者傷害の保険はより重要になっていきます。

また他の車両や通行人に追突してしまった場合、
相手にケガをさせてしまったら、当然ながら医療費をはじめとする
高額な賠償金の支払い義務も発生します。

この額はやはり自動車でもバイクでも変わらないので、
相手の方が死亡、後遺障害に遭われてしまったら
過失割合にもよるのですが、最悪、1億円を越える金額の賠償責任が発生します。

強制加入である自賠責保険の限度額だけでは
このうち数分の一しか補填してもらえません。
バイク・原付 | | バイク | 2009/11/26 
原付バイクのリスクは任意保険でカバーすべき?
125cc以下のオートバイク=原動機付き自転車(原付)は自動車に分類される
車両の中では最も小型のマシンで、購入の値段やその維持費も
普通自動車に比べればずっと格安で済むのが魅力の一つです。

しかし運転する際に起こるリスクも低い、というわけではなく、車体は小さくとも
ご自身の身体が剥き出しの状態での走行であり、また二輪車なので四輪車に
比べると安定感は下がり転倒が起こりやすく、また盗難や悪戯の被害にも
遭いやすく車体も破損しやすい、といったいくつかのデメリットもあります。

そしてたとえ原付でもし歩行者との接触事故で人をはねてしまったら、
後遺障害や死亡事故となった場合、その賠償金はとても自賠責保険だけでは
賄いきれず、そしてドライバーご自身が重傷を負われてしまった場合でも同様です。
バイク・原付 | | 原チャ | 2009/09/05 
原付バイクの自賠責保険だけでは補償額は足りない?
原動機付き自転車-原付:250cc以下のバイクにも四輪車と同じく
強制加入の自賠責保険が義務付けられていますので、これに加入手続きを
せずに運転すると、法律により1年以下の懲役または50万円以下の罰金・
そして違反点数6点⇒6ヶ月以内の免許停止の処罰を受ける事になります。

そのため必ず原付バイクの購入時にはすぐに加入の手続きを踏まえて下さい。

ただし、交通事故などトラブルが起きた際、原付での自賠責保険も車と同じく、
支払ってもらえる保険金(対人賠償のみ)の上限額は大まかに、
傷害の治療費=120万円、死亡=3000万円、後遺障害=4000万円となります。

過失割合によっても違ってくるため実際にはこの上限額より低い事もあり、
また対人傷害の賠償金だけでもすべての損失額を補えない場合が多く、
自分自分の怪我の治療やバイクの修理費用は保険の対象外となり、
自賠責保険だけはとても補填しきれない可能性は非常に高いです。
バイク・原付 | | 自賠責保険 | 2009/09/01 
ファミリーバイク特約で保険料を安くできる?
ご自身またはご家族の方が自動車任意保険にご加入されている場合、
車と一緒に、125ccまでのバイクにもほぼ同じ補償を年額一万円程度で
付けることができる、『ファミリーバイク特約』というプランをご存知でしょうか?

車両保険の付加サービスとなる特約ですので、自動二輪車単体で任意保険に
加入されるよりも大幅に安く済ませることが出来ます。

しかもオートバイ・スクーターを運転される方がご本人でなくとも対象となり、
更にはご家庭ので所有車ではなく他の方から借りたバイクでも保険が利きます。
年齢制限にも関係なく対象となり、しかも何台でも特約に契約できます。

またバイクの方で保険を使っても特約の場合は等級が下がりませんので、
大変お得なプランとなっています。
バイク・原付 | | バイク | 2009/08/18 
バイク用品・パーツの損傷に自動車保険は使える?
オートバイ・スクーター・大型バイク・原動機付き自転車といった二輪車が
道路上の交通事故や災害・盗難・悪戯などで破損または紛失してしまった時は、
自動車任意保険の自損事故の補償サービスを使って損失金額の補填をしてもらう際
バイクの部品や用品はどのあたりまでが対象に入る?という疑問について。

主なバイクのパーツ
  • ミラー
  • ランプ
  • エンジン
  • ホイール
  • メーター
  • アクセル
  • ブレーキ
  • サスペンション
  • 外装
  • エンジン
  • クラッチ

主なバイクの用品
  • ヘルメット
  • ジャケット
  • パンツ
  • アクセサリー
  • ブーツ
  • バッグ
  • ロック
  • カバー
  • ゴーグル
  • 交通地図
  • 防寒用品
  • グローブ

まず、車体の一部である『パーツ』のうちの大部分はバイクの一部として、
破損や盗難に遭ってしまった際には車両保険に適用して損害額の補償を
してもらえます。(タイヤのパンクのみといった限定的な場合は適用できません)
バイク・原付 | | バイク | 2009/08/03 
バイク・原動機付自転車の自賠責保険とは?
バイク(オートバイ-Motorcycle)の運転免許を取得してその後バイクを購入したら、
新しく自動車損害賠償責任保険に加入する必要があります。

自賠責保険の制度に基づき強制加入が義務付けられるため、無保険である事は
できません。普通自動車だけでなく、大型自動二輪車・普通自動二輪車・
小型自動二輪車・原動機付自転車もその対象になります。

この保険制度の役割は対人事故、すなわち人身事故が起きた時の
被害者とその家族の損害における補償のためのもので、保険金の上限は
1人につき死亡の場合3000万円、後遺障害の場合4000万円までとなります。
バイク・原付 | | バイク | 2009/07/20 
オートバイは盗難や損壊の被害に遭いやすい?
バイク(原動付き自転車・オートバイ)は普通の自動車に比べると車体全体で
パーツがむき出しになっている部分が多いため、いたずらや盗難の被害に
遭ってしまったり、転倒事故でボディが破損しやすい傾向になってしまいます。

バイクが盗まれてしまう場合、何よりも自動車(四輪車)よりも重量が軽いため、
持ち運ばれやすいという難点もあります。プロの犯行だとキーを開錠されてしまう
危険性もあり、またミラーなど一部のパーツを分解されて盗まれてしまう
ケースもあるのです。

盗まれた車体やパーツは外国にまで運ばれてしまう可能性もあるため、
警察に犯人を探し当ててもらえたとしても確実に手元には戻ってくるとは限りません。
そのため、常日頃からバイクの保管とセキュリティ対策に注意を払う必要があります。
バイク・原付 | | バイク | 2009/06/27 
交通事故や損害賠償の際にご安心のバイク保険とは?
バイク保険はオートバイや原動機付自転車を対象とする保険で、自賠責保険
(自動車損害賠償責任保険)と違い強制加入の保険ではない任意保険です。

正確には『バイク保険』というものはなくバイク用に加入する自動車保険の通称です。
自賠責保険と任意保険では、加入の義務・任意、および補償の対象となる範囲が
大きく異なります。
オートバイの保険でも勿論、自賠責保険にはない様々な保障を得る事ができます。

バイク保険の特徴


自賠責保険は車両事故が起きた際に加害者の方が被害者の方を死傷させた場合に
起きる賠償責任の保障を担う保険制度ですが、ご自身が怪我をされた場合や
自身のバイクが破損された場合の保険の対象にはなりません。

バイク任意保険は対人賠償保険にて自賠責保険の更なる補償額の上乗せができるほか、
対物賠償保険や搭乗者傷害保険などもを兼ねていますので、あらゆる面での保障が
バイクの保険にて適用されています。

もちろん大型の自動二輪車のみならず、原動機付き自転車も
普通自動車よりずっと安い保険料での契約加入ができます。
バイク・原付 | | バイク | 2008/07/15 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-category-15.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。