自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
損害補償の免責金額の頁です。車のトラブルや損害発生時にお役立ちの自動車保険比較方法や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
免責ゼロ特約で自己負担金が軽くなる?
車両保険(車体の破損に掛ける損害保険)には、事故などで
クルマが破損してしまった際に被害額の何割を保険金でてん補してもらい、
何割を自己負担で賄うかどうかを決める事になっています。

これを免責金額の設定と言いまして、原則として自己負担が必須となります。

免責金額を高くするほど自動車保険料は安くなるのですが
支払ってもらえる保険金もその分低くくなり、

逆に免責金額を低くするほど保険料が高くなるかわりに
保険金も高い額で支払ってもらう事ができます。

しかし自動車保険会社や契約加入条件によっては
【免責ゼロ特約】という、車体の破損事故の際に免責ゼロで
損失の全額を支給してもらえる、負担金ゼロで済む特約も用意されています。
免責ゼロ特約で自己負担金が軽くなる? の続きを読む


スポンサーサイト
損害補償の免責金額 | | 特約 | 2010/01/10 
自己負担金を多く設定する事で掛け金を安く出来る?
車両保険にも加入して 自動車修理や買い直しに掛かる額を
補償の対象に契約を行うと、月々または年間で支払う掛け金(保険料)が
大きく上がり、金銭的な負担もその分増えてしまうという難点もあります。

しかし、ある程度の免責金額【自己負担金】を設定する事で
支払いの掛金を安く出来ますので、多くの加入者の方が
このシステムを活用されています。

ただ、車種や等級のランク、過去の事故回数といった要素によって
免責金額を必ず設定する必要もあります。
損害補償の免責金額 | | 車体の破損 | 2009/10/20 
自動車保険の担保・不担保とは?
自動車保険関連の書類で書かれている『担保・不担保』という単語の
意味合いについて。

一般的に担保と言いますと、物的担保のように債務・債権の弁済を行うために
交換する物品、またはそれを行う事・仕組みといった意味合いとなるのですが、
保険の場合では損害発生後にその損失を補填する、『保険金』を会社側が
支払う事を指します。
損害補償の免責金額 | | 車 | 2009/09/12 
保険料の払い込み停滞で失効した保障は元に戻せる?
損害保険会社への支払いができなくなっったり長期間遅らせてしまう等で
払込みを滞らせてしまうと、契約して掛けていた保険が効力を失い
保険を失効した状態となってしまいます。

当然、その期間に事故や怪我・盗難・車体の故障といったトラブルに
遭われてしまうと保険金やサポートサービスは受けられませんので、
早急に元に戻す必要があります。

損害補償の免責金額 | | 保険料 | 2009/09/10 
自損事故の保険金が支払われない免責のケースとは?
クルマの自賠責保険は対人・対物傷害の場合のみに補償されますので、
自分自身、または搭乗者の方が怪我をされた時や自分の車がクラッシュした
時には、自動車任意保険の自損事故保険への加入で被害額の補填ができます。

しかし飲酒運転をはじめ道路交通法の違反が原因で事故を起こされた場合など、
状況によっては保険金が下りず会社側での免責の対象とされてしまう事もあります。
損害補償の免責金額 | | 違反 | 2009/08/29 
免責金額を設定して保険料を安くする事ができる?
自動車保険(車両保険)の免責とは、交通事故などに遭われた際に
損害賠償や修理費・医療費を保険会社から賄ってもらえる金額の分から
一部を差し引いて自分で負担して支払う分の金額を設定する事です。

この金額を高く設定するほど、保険会社に支払う保険料を安くする事ができます。

免責の設定は任意で0円でも問題はないのですがこの場合は日々の保険料が
その分割高になります。かわりに事故などに遭われた時には基本的に全額を
保険会社に賄ってもらえます。

免責金額を設定するポイント


最初の免許を取り立てや車に乗り立ての頃は自動車事故や修理が必要なトラブルの
起こる可能性などがピンとこなくて最初は金額の設定が難しいかと思われますので、
長く車の運転をされていて免責金額の設定を行われている身内の方や身近な人に
アドバイスを聞いてみると良いと思います。

あまり高く設定しすぎるといざという時に保険料の差し引き的な採算が
とれない可能性もありますので、
支払う保険料とのバランスを考えて金額を設定するのが良いでしょう。
損害補償の免責金額 | | 車関係なんでも | 2008/07/24 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-category-17.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。