自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
損保の選び方の頁です。車のトラブルや損害発生時にお役立ちの自動車保険比較方法や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
搭乗した動物達の治療費を補償できるペット特約とは?
お車でのドライブの際に、愛犬、愛猫を一緒に乗せて、日々
運転をされている方も大変多いですよね。
助手席または後部座席にもペット用シートベルトを付けて、
搭乗中にペットの座り位置を固定されておかれるとより安全です。

愛犬

ですが、もしも車の運転ミスや不慮のアクシデントによる自動車事故に
遭われてしまい、大切なペットがお怪我をされてしまった時のために、
アクサダイレクト等で「ペット特約」という付帯サービスもあります。

ペットの怪我の治療代


動物のためのペット保険に加入をされていなければ、怪我の治療で
もしも手術が必要になったり長期入院を余儀なくされた場合、
相当な医療費がかかってしまう事もあります。

また、動物保険に加入されていて治療代はある程度補償が利いても、
その他のペット関連でトラブルや諸経費にもお金が掛かる事もあります。
搭乗した動物達の治療費を補償できるペット特約とは? の続きを読む


スポンサーサイト
損保の選び方 | | 動物保険 | 2010/04/19 
ライフパートナーからの紹介で保険を良く知る方法とは?
ライフパートナー(lifepartner 読み:らいふぱーとなー)とは、
生活や業務、人生の手助けとして、お客様一人一人に合った損害保険や
ファイナンシャルといったサポートや紹介をしてもらうサービスです。

自動車保険に関してもまた、全国各地に数万件以上あります
プロの損害保険代理店にて相談を受ける事ができます。

総合金融アドバイザー』と呼ばれる、損保や投資信託など
様々な分野に長けた、お金の運用に関するホームドクターは
日本全国の各地域により、長期にわたり障害、その地方のお客様方の
ライフパートナーとして様々なサポートをしていただくことも出来ます。

自動車やオートバイは「ほけん」の中でも特にかなり複雑な内容で、
特殊な割引サービスや特約、料率、等級、走行距離、車種、と、
お客様の一人一人によって大きく異なる要素が強く、難解な用語も
また多いため、代理店からのサポートを受けられると大変心強いです。
損保の選び方 | | 自動車保険選び! | 2010/03/08 
自動車保険業界の自由化で会社ごとに差がある?
自動車保険(任意)は、以前はどの会社へ契約加入しても、
今に比べると保険料や補償サービスにそれほどの差はありませんでした。

しかし、1996年の12月15日に日米保険協議の最終合意文書が交わされ
翌年にリスク細分型が解禁されて以来、
海外の保険会社の国内参入とともに、価格の変動やサービスの自由化が
急速に変化していきました。

国内損保の業界では、保険商品がいまや各社おきに
保険料からロードサービス・割引・特約・補償範囲・リスク細分型、と
一つ一つの要素の設定基準が異なります。
損保の選び方 | | 自動車保険 | 2009/10/11 
SAP・PAP・BAP・ドライバー保険の4種とは?
自動車保険には、その補償内容や車種に分類して大きく4種類に
分類されている事をご存知でしょうか?

・SAP (スペシャル・オートモービル・ポリシー:自家用自動車総合保険)
・PAP (パッケージ・オートモービル・ポリシー:自動車総合保険)
・BAP (ベーシック・オートモービル・ポリシー:一般自動車保険)
・ドライバー保険 (自動車運転者損害賠償責任保険)       の4種です。
損保の選び方 | | 自動車全般 | 2009/09/01 
自動車保険のより良い選び方・ポイントは?
自動車保険は現在保険会社が大変多く、各会社おきの料金やサービス、体制も
大きく違うので、やはり加入する際にどの保険に入ればよいか迷われてしまうかと
思われます。

保険料が安いところがお薦めとも限らず、保険に契約する自動車の車種や時価額、
使う用途、また運転をされる方、ご加入される方と人それぞれによってお薦めの内容は
大分異なります。ここで大切なのは、自分によく合った内容の保険を見つける事です。

自分に合った保険を探すには?


まず自動車保険はできるだけ保険料を安く済ませたい、
という点につい目が行きがちですが
決して安ければよいわけではなく、逆に安いほど対応サービスが充実しなくなり
いざという時にサポート面や金銭面のトラブルや口論が多発してしまう事もあります。

もちろん保険料が安いに越した事はないのですが、肝心の保険の内容が
ご自身によく合っていなければかえって損をすることになってしまいます。

しかし無理をして多額な保険料をかけて普段の生活が圧迫されてしまうのも良くないので
景気的な面と自動車保険の内容をよく見つめて、じっくりと検証していく事が大切です。
損保の選び方 | | 自動車全般 | 2008/07/28 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-category-20.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。