自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
年齢条件の決め方の頁です。車のトラブルや損害発生時にお役立ちの自動車保険比較方法や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
30歳になった後の年齢制限変更
以前に自動車任意保険に家の車を契約した時に、家族の中で運転する人が全員
21歳以上か26歳以上だったため年齢条件を指定して、保険料を安くして
もらった場合、今現在での一番年下の方の年齢はいかがでしょうか?

毎年更新(継続手続き)をしていくうちに、車体も補償もいつもどおりの内容で
昨年と比べてほぼ全く変わらずにいた場合、継続の際にインターネットでの
必須事項の記述の時に、うっかり見逃してしまう場合もあります。

一番年齢が低いドライバーの方が今は30歳以上になっていた場合、
年齢条件を更新してさらに保険料を安くしてもらう事が出来ます。
30歳になった後の年齢制限変更 の続きを読む


スポンサーサイト
年齢条件の決め方 | | 車とか | 2012/01/05 
20歳以下の方の自動車保険料はかなり高い?
18歳~20歳の間で自動車運転免許を取得して、新しく車を購入、
または譲渡により取得をして自動車任意保険にも加入する際、

年齢条件がまだ指定できないためお支払いの保険料が
かなり高くなってしまわれる事にご注意下さい。

クルマの任意保険は21歳以上、26歳以上、30歳以上の方のみ
運転をする(保険の適用対象)という条件を付けて、
保険料を大幅にやすくしてもらう事ができます。

(例えば全年齢と26歳以上対象では、1~3万円は違います。)

しかし18歳~20歳の方はまだ、全年齢のみでした適用できません。
自動車やバイクの交通事故は統計として若い方の方が起こしやすく
車両を運転するリスクが高いため、自動車保険料が高くなります。

車輌保険無しでのリスク細分型でも20万円を超えてしまい、
補償限定型でも15万円を超える、という事も普通にあります。

特に男性ドライバーは事故発生率の要素が加わり更に高くなります。

そのため年間または月間で支払う金額が高すぎて加入契約に
戸惑ってしまわれる、若年者ドライバーの方も多いです。

そんな時には、年齢条件の適用ができるようになる21歳になるまでは
高くなりがちな車両保険を外して加入をする、

あるいは他の特約やサービスは必要最低限にとどめておき、
車の使い方もある程度制限する、といった方法で節約するのがお薦めです。
年齢条件の決め方 | | 保険料 | 2010/02/01 
21歳・26歳の時は年齢条件の内容変更を忘れずに!
自動車任意保険はドライバーの年齢によって、
保険料が大きく変わります。

特に若い方は事故の発生率が高くリスクが大きい事から、

18歳から20歳が最も高く、以下21歳~25歳、26歳以上、~と
すべての運転者の方の年齢が上がるにつれて保険料が下がっていきますので
年齢を問わず担保』にされるよりも、
年齢条件をつけて契約をされた方が掛け金はずっと安くする事ができます。

例えばご家庭のお子さまが18歳で自動車運転免許を
取得された時は『年齢を問わず不担保』として契約。

その後、21歳になられた時には21歳以上の25歳以下の方が
対象になり21歳未満の方は免責になる年齢条件に変更します。
年齢条件の決め方 | | 保険料 | 2009/10/04 
子ども運転追加特約による事故のカバーとは?
自動車任意保険には30歳未満の方を不担保とする、
といった年齢条件を掛けておく事で支払いの保険料を大幅に安くする事ができます。

しかし被保険者または配偶者の方のお子さんが運転免許を取得されて
契約したクルマを運転される時になった場合は、
年齢条件をそのままにしておくと
子どもの運転中に事故やトラブルが発生した場合、保険の対象外になるので
全年齢担保に変更をしなければなりません。
年齢条件の決め方 | | 特約 | 2009/09/14 
若年者ドライバーのための臨時運転者特約とは?
自動車任意保険は、年齢を無制限にするよりも、年齢条件を設定しておくと
保険料を安くする事ができますので、身内や知人で若年者の方が運転されない
場合でしたら、ぜひ年齢条件(ねんれいじょうけん)を付帯されておく事を
基本的にお薦めします。

若いドライバーの方の為のサポート


しかしたまに18歳~30歳前後の若年者の方が運転される機会がある場合、
もしもその方の運転中に事故が発生してしまった場合、条件の対象外
となるため保険金が支払われません。

そんな時のために、臨時の若いドライバーの方が運転しても保険の
対象になる『臨時運転者特約』(りんじうんてんしゃとくやく)という
サポートに加入されておけば、時々年齢条件に当てはまらない方が運転を
されたとしても、いざという時のトラブルの際に保険金を支払って頂けます。
年齢条件の決め方 | | 自動車保険 | 2009/08/27 
保険の対象を決める際に注意すべき年齢条件とは?
自動車保険には『年齢条件』という担保が設定できる事をご存知でしょうか?
年齢条件とは、~歳未満のドライバーが運転した場合は保険の対象に当てはまらない、
というもので、ここで設定した年齢が高いほど支払う保険料を安く済ませる事ができます。
  • 年齢を問わず担保
  • 21歳未満不担保
  • 26歳未満不担保
  • 30歳未満不担保
  • 35歳未満不担保
と、4~5の設定段階に分かれています。

年齢条件に当てはまらない人が運転した場合


年齢条件が高いほど保険料が安くてすむのは交通事故を起こされる割合は
統計として20歳前後の方が最も多いためで、逆に考えると20歳前後の方が
特に自動車保険が必要になるともいえます。

例えば自動車運転免許を取得し立てで20歳前後の家族の方が家の車を運転した場合、
もしここで交通事故に遭われてしまい保険を使わなければならない時、年齢条件が
26歳未満不担保と設定されていたら保険が適用されなくなってしまいます。

このような事にならないために若い身内の方が免許を取得されて車の運転を許可される
際には必ず年齢条件の確認と変更を行う必要があります。また、子供特約という
特別な年齢条件の設定もあります。

年齢条件の更新はあくまで任意なので、変更手続きを忘れないようご注意下さい。
年齢条件の決め方 | | お役立ち情報 | 2008/07/30 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-category-21.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。