自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
プランの見直し方の頁です。車のトラブルや損害発生時にお役立ちの自動車保険比較方法や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
保険見直しの無料相談サービスとは?
自動車やバイクをはじめ、あらゆる損害保険サービスでは
加入をする事で様々な補償サポートを受ける事ができます。
そして、特約の設定によってその他数多くのアシスタントサービスを得られたり、
損害発生時に保証をしてもらえる対象の幅を広げてもらう事も出来ます。

ですが、自動車保険の様に内容が複雑なサービスであるほど、
ご自身の生活環境や仕事、家族構成などの要素で見ると不要であるサポートの
補償が、いくつか対象になっている場合もあるのです。

そして必要の無い分の損害補償サポートでも、その分の保険料は
毎月、または毎年一回支払う事になりますので、
経費がかさんでしまう場合も実際には数多く発生しています。
保険見直しの無料相談サービスとは? の続きを読む


スポンサーサイト
プランの見直し方 | | 自動車保険代理事務所 | 2010/10/04 
自動車保険を1年に1回以上は見直すべき?
今現在入られている自動車保険は、お車の使用状況や
加入者・運転者の方、マイカーの状態に最適でしょうか?
といった疑問を時々、目にする事もあるかと思います。

なぜならば、社会保険や生保といった他の損保と違い、
自動車の任意加入保険は運転手の方の年齢や登場の頻度、
車種や安全設備の有無といった小さな変化でも補償のサービスや
備えに最適な契約内容がわりと頻繁に変わっていくためです。

クルマに関する状態の変動はこまめにメモして、
1年に1回以上は一通りのチャックを行って見直しをされると良いでしょう。

例えば、次に年齢条件を変えられる時期はドライバーの中で一番若い方の
誕生日で把握できるため、何年の何月何日から差し引きを適用できるか
事前にチェックしておくのも簡単です。
プランの見直し方 | | 保険の見直し! | 2010/06/03 
自動車保険料は現在いくらで設定してる?
自動車保険に今現在加入契約をされている場合、月々、または年一回
支払われている保険料はいくらくらい掛かっていますでしょうか?
例えば等級の上昇によって何事も無ければ毎年徐々に下がっていくのですが、
それ以外にも割引が適用できるサービスが非常に沢山あります。

新しく割引サービスを追加する申請


クルマを購入してから暫く経って、デュアルエアバッグやイモビライザー等の
安全装置を取り付けたり、年齢条件の高い差し引きを受けられる誕生日が
来られた時には満期更改の時期でなくても、いつでも設定変更を申請できます。

家族構成や環境の変わる事例
  • 年齢条件を新しく変更できる誕生日を迎えた。
  • 割引の利く安全装置を取り付けた。
  • 原動機付自転車/スクーターを買った。
  • 運転する人が変わった。
  • ご家族の誰か別居になった。
  • 別の遠い地域へ引越しをした。
  • 家計の状態が大きく変化した。
  • クルマに乗る機会が減った。
  • 同居する家族が増えた。
  • 年内に事故を起こされてしまった。
プランの見直し方 | コメント 2 | 損保の加入契約 | 2010/04/23 
自動車を友人や知人に貸している時事故を起こされたら?
自分の所有している、すなわちオーナーとなっている自動車を
友人や親戚、上司、部下、同僚、他、知人や他人、といった
家族以外の誰かに貸して運転を任せていた時に、貸した相手に
交通事故を起こされてしまった時はどうなる?という疑問について。

まず、自動車保険での補償の対象になるかどうか、という事なのですが、
その車に填補の対象が絞られる『家族限定特約』や『年齢条件』
付帯されていると、その対象外である方がドライバーであった場合は
保険金は下りません。

また、無免許や免停中の人物に貸した場合でもほぼ同様ですので、
大切なお車を誰かに貸し出す前には、自動車保険の特約などの対象に
当てはまるか否かを確認して、またしっかりと信頼の置ける人物に
貸し出すように、注意して心がける事が大事です。

特約や割引プランも、時間の経過や生活環境、人間関係の変化に合わせて
時には一通り、見直しをされてみて下さい。

次に、貸し出しをした他者が事故を起こした際に、その貸主にも
損害賠償責任は発生するのか、という疑問について。

まずはその車の運行供用者として、どの程度扱われるかが
判例の大きな要素となります。

例えば友人や知人に一時的に短時間ドライブを任せただけで、そのクルマの
所有権がほぼ自分にあったり、運行で発生する経済的利益の帰属が
ご自身にも回ってくる場合は、共有的に責任を負う事になるでしょう。
プランの見直し方 | | 保険の見直し | 2010/04/08 
保険証券が届いたら記載内容をきちんと確認!
自動車損害保険(じどうしゃそんがいほけん)に新しく加入契約を
された後には、必ず『保険証券』(ほけんしょうけん)という証明書が
届きますので、これは重要な書面として、無くされずにしっかりと
安全に保管する必要があります。

保険証券には、契約をされた際でのあらゆる項目が記載されていますので、
お手元に届きましたらまずは必ず全ての欄に目を通して、
記入間違いが無いかどうかを一通りチェックしましょう。

主なチェック項目
  • 契約者情報
  • 用途・車種
  • 登録番号
  • 車台番号
  • 型式
  • 初度登録
  • 付属品
  • 車両特約
  • 事故日
  • 支払日
  • 披保険自動車
  • 車名・仕様
  • 付属機械装置
  • 年齢区分
  • 特約事項
  • 適用料率
  • 被保険者
  • 備考
  • 証券番号
  • 期間
  • 事故時の連絡先
  • 取扱代理店
  • 当社営業店
  • 担保種目
  • 金額
  • 契約者区分
  • 搭乗者傷害
  • 特記事項
  • 社内欄

まずはご自身のお名前と住所と、保険の種類(PAP・BAPなど)ガ正しく
記入されているかをチェックします。

次に、車体番号や型式、ナンバープレートや車名が間違っていないか確認します。

そして、保障プランの現在の等級割引や特殊な特約の付帯オプションが
抜けていたり数字が間違っていないかどうかも確認します。

わかりにくい専門の用語も多いのですが、これらをよく知っておかなければ
後々勘違いからトラブルを起こしてしまう可能性も0ではありません。

これから人生で長く車に乗っていかれるためにも、証券を貰った最初のうちに
用語集などでよく調べて覚えていかれることも大切です。
プランの見直し方 | | 保険修理 | 2010/03/17 
他車運転危険担保特約で別のクルマに乗る時も安心!
ご自身が所有されているクルマでしたら
年齢条件や各種補償・免責の割合など、自分に良くあったプランに
契約できますし、何よりご本人様の車体であるので気兼ねなく運転ができます。

しかし知人の方など他の方のお車を運転される場合、
その最中にもしも事故に遭われてしまったらどうなるのか?

この場合は通常、そのクルマを保有している方が加入されている
自動車保険の方が適用されます。

ただし、翌年には事故を起こしたご本人ではなく、
事故車のオーナーの方の等級と保険料が大幅に上がってしまう事になります。
プランの見直し方 | | 車 | 2009/09/22 
地震による損害に車両保険は使えない?
任意の自動車保険サービスに加入する事で交通事故やパーツの故障・
当て逃げ・盗難・悪戯・一部の災害などによるアクシデントが起きた時は一大事です。

衝突による非常に強い衝撃や、水没、凍結、火災、異物混入、といった原因で
車体が外観、内部回路ともに破損した時、クルマの損害保険にきちんと入っていれば
修理や買い替え費用の補償を受けられます。

しかし地震による被害の場合、通常の保険プランのままでは免責扱いとなり
保険の対象外となっているため、この見落としによる損害発生にはご注意下さい。
プランの見直し方 | | 車体の破損 | 2009/08/16 
自動車保険の見直しをする時のポイントとは?
自動車保険・共済で有名な企業には、
JA共済、あいおい損保、アクサダイレクト、アドリック、アメリカンホーム、セコム
、セゾン、ゼネラリ、ソニー、そんぽ24、チューリッヒ、三井ダイレクト、全労済~
と数多くあるのですが、それぞれの契約内容やサービスによっても大きな違いが
ある事はご存知でしょうか?

例えば実際に軽い衝突・人身事故などの交通事故に遭われてしまい
自身、または相手の方が負傷されてしまったり車体に損傷が出てしまった時、

あるいは盗難やいたずらに遭ってしまった場合にいざ保険を適用しようと思ったら
契約内容に沿わずに振り込まれた金額が少なかったり、サービスが不十分だった、
という苦い体験談を周囲で聞かれた方も多い事でしょう。

日々支払う保険料やその他の概要については車体の状況や経過日、運転する回数
など様々な条件によって知らないうちに変わってしまう事もありますので、
特に以下のポイントについてはたまに見直しをして、現在の状況に合っていなかった
場合はすみやかに契約変更の手続きを行われるのが望ましいです。

まずは等級制度。年々必ず保険料の変化に関わってきますので、
毎年どのように支払額に影響されているか、自分の現在の等級のランク
とともにチェックしてみて下さい。

次に家族構成の変化で、契約されたお車を運転される方の人数が
変わった場合は必ず更新または確認を取る必要もあります。
年齢条件の設定次第では、最近で免許を取得された方が運転されていた
場合、保険の対象とはならないケースもあります。
プランの見直し方 | | 自動車保険 | 2009/04/16 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-category-32.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。