自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自賠責保険の仕組みの頁です。車のトラブルや損害発生時にお役立ちの自動車保険比較方法や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
原付(原動機付き自転車)の自賠責保険とは?
自動車やバイクといった車両を所有している場合に法律で
加入が義務付けられています自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は
クルマやオートバイで交通事故を起こしてしまった時に、
相手側への人身傷害が発生してしまった際の補償を支払う為にあります。

強制保険とも呼ばれています。この損保は普通車や大型バイク等だけでなく、
原動機付き自転車(原付)のバイクに乗る場合でも加入をする必要があります。

普通の自転車に加入の義務は無いのですが、原付の場合は
低速でもやはりエンジン・ガソリンを使って走行する単車であるため
もしもの衝突事故で被害者にかかる身体的ダメージの大きさを
考えるとやはり自賠責保険による補償は大切になりますね。

ただ、自転車でも交通事故を起こして相手に大怪我をさせてしまうと
やはり賠償金が非常に光学になるケースもあるため、
たとえ強制保険の加入義務は無くとも、余裕があれば
任意の自転車傷害保険にも入られておいた方が良いでしょう。
原付(原動機付き自転車)の自賠責保険とは? の続きを読む


スポンサーサイト
自賠責保険の仕組み | | 原付 | 2010/07/01 
無保険で走行すると免許停止と罰金を課せられる?
無保険で違反の状態、とは任意保険に加入していない事ではなく、
クルマの所有者に強制加入が義務付けられている自賠責保険に
入っていなくて、自動車損害賠償保障法の法律に反している場合も指します。

自動車損害賠償責任保険に入っていないと法律違反となり、
そのままクルマを運転していると五万円以下の罰金と、違反点数6点の加算による
運転免許の停止、すなわち一発免停を受けてしまいます。

また、自賠責に無加入であったり満期年月の時の更新をせずに期限が切れていたら
無保険扱いとなり、車検や新車登録も出来ません。

廃車の時以外は解約が行われないためそうそう期限切れになる事もないのですが、
バイクや原動機付き自転車はいつの間にか切れていた、というミスも
起こりえますので、二輪車を所有されている方は特にご注意下さい。

自賠責保険は、任意加入の方と違い補償が事故の相手側のみ対象で
しかも最低限の金額での填補しか受けられないのですが、そのかわり
支払う保険料は1年で1万数千円、原付は更におよそ半額、と大分安いです。
自賠責保険の仕組み | | 免停・取り締まり全般 | 2010/04/04 
対人賠償保険は自賠責の上乗せ補償?
車両事故が起きてしまった際に、最も損害賠償責任が大きいのが
人身事故です。

被害者の方が軽傷で済んだ場合はむしろ幸いな方で、
もしも死亡や後遺障害に遭われてしまった場合は
一億円を越える賠償額の支払いが求められる事も少なくありません。

そのため、対人賠償のてん補の役割を担う自賠責保険は
強制加入が義務付けられています。

しかし限度額はケガの場合が120万円、死亡・後遺障害の3000万円と、
あくまで最低限と定められた、相手に対する補償しか補われません。

そのため、補填の金額を無制限に設定できる任意保険にも
加入されておく事が大切で、ドライバーとしての一つの責務とも言えます。

対人賠償はあくまで、自賠責保険で足りなかった分の上乗せとして
必要という事ですので、軽傷で済んだ軽い事故でしたら
任意の方を使わなくても済む場合もあります。
自賠責保険の仕組み | | 交通事故と安全 | 2009/10/13 
自賠責保険は相手の人身事故のみ対象になる?
クルマに乗る際に強制加入が義務付けられている自賠責保険。

補償内容の見当違いをされている方も少なくないようなのですが、
法律上で定められているこの損保は、加入したドライバーご自身ではなく、

事故で傷害を受けた相手(被害者)の方への最低限の補償を
確保する事が目的であり、その他全ての被害額や賠償金・医療費の
填補は行ってもらえません。

また、保険金も被害者1名につき、傷害の場合で限度は120万円、
後遺傷害・死亡の場合で限度は3000万円までとなります。
自賠責保険の仕組み | | 自賠責保険 | 2009/10/07 
自賠責保険は過失割合が7割未満なら過失相殺は発生しない?
自動車事故が発生した場合、加害者と被害者(双方の当事者)がいた時に、
どちらの方に過失が大きいか、すなわち交通違反や不注意の要素が
大きかったかを決める要素を『過失割合』といい、100%対0%、60%対40%と
交通事故の状況によってお互いの過失における比率が検討されます。
自賠責保険の仕組み | | 自賠責保険 | 2009/08/30 
自賠責保険の支払い請求には期限(時効)がある?
自動車の自賠責保険はクルマをお持ちの方なら誰でも強制加入が
義務付けられていますので、盗難車などの無保険車でもない限りは
こちらが被害者側だった場合に相手の自賠責保険から、傷害:120万円、
死亡:3000万円までの限度額で賠償金を請求できる権利があります。

しかし請求の手続きは被害者の場合、事故が起こった日から2年までの間、
加害者の場合、賠償金を支払った日から2年までの間、という期限が
ありますのでご注意下さい。
自賠責保険の仕組み | | 自賠責保険 | 2009/08/27 
アメリカ合衆国の自動車強制保険とは?
日本からアメリカ合衆国にお引越しをされる予定の方、
短期・長期留学や転勤・単身赴任をされる方、海外旅行としていかれる方
のための保険についての詳細を記述します。

グアム島:海外の道路

現在自動車をお持ちの方、またはアメリカ国内で新規に購入される予定の方は
移住の際に忘れてはならないのが、アメリカでの車両保険への加入手続きです。

日本国内と同じく米国にも任意保険と強制保険の二種類が定められている
のですが日本のものとは、特に強制保険の内容がまた違ってくることにご注意下さい。

アメリカ国内の自賠責保険



・Bodily Injury Liability - 対人損害賠償保険
・Property Damage Liability - 対物損害賠償保険
・Medical Payments - 搭乗者傷害保険
・Personal Injury Protection No-Fault Coverage - 無過失傷害補償保険
・Uninsured/Underinsured Motorist - 無保険/過小保険車傷害保険

任意保険の役割は、衝突事故などで相手側に怪我を負わせてしまったり
死亡させてしまった時の医療費用や、完治するまでの生活費を補うため、
また相手側の車体や所持品を故障・破損させてしまった時、それらの弁償に
必要な額を補償する事にあります。
自賠責保険の仕組み | | 自動車保険 | 2009/05/29 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-category-35.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。