自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
中古車の状態の頁です。車のトラブルや損害発生時にお役立ちの自動車保険比較方法や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
クラシックカー(旧車)の保険とは?
[クラシックカー]とは1960年代やそれ以前の時に生産された、年代ものの
古い型の自動車やバイクの事を差します。
[ヒストリックカー]、[ノスタルジックカー]、[旧車](きゅうしゃ)とも呼びます。

旧車である基準は、製造されたから何十年ほど経過したか、または製造年代で
区切る場合があり、特に1945年以前の物は[ビンテージカー]や、[ベテランカー]と、
更に細かく名称が分けられています。

トヨタのACやクラウン、マークII、日産のブルーバード、セドリック、スカイライン、
メルセデス・ベンツSSK、T型フォード、ダットサンDA 等。

自動車愛好家の方にはこれらクラシックカーを好まれて現在でも使われている
方も多く、その車両にかける損害保険も少し普通の自動車とは違う部分もあります。
クラシックカー(旧車)の保険とは? の続きを読む


スポンサーサイト
中古車の状態 | | 旧車 | 2011/05/30 
中古で買うバイクも任意保険に加入すべき?
中古市場でのバイクは買い取り販売店やインターネットの通信販売、オークション
といった場で新品よりも基本的に格安で購入する事が出来ます。

原動機付き自転車から大型のバイクまで、各メーカー製品が
一通り揃っている大型の店舗もあり、幅広く好きなマシンを
安価で選ぶ事もできて今は大変便利です。

バイクのメーカー一覧
  • BIMOTA
  • BMW
  • HUSQVARNA
  • HYOSUNG
  • KTM
  • MOTO GUZZI
  • MTT
  • Rデザイン
  • VESPA
  • アークプロ
  • アプリリア
  • イタルジェット
  • カノン
  • カワサキ
  • スズキ
  • タイタン
  • ドカティ
  • トモス
  • トライアンフ
  • ハーレーダビッドソン
  • ピアジオ
  • ビューエル
  • フェニックス
  • ヤマハ
  • ロデオ


中古で買ったバイクは安く入手したので、強制加入が義務付けられた
自賠責保険(じばいせきほけん)だけで大丈夫、と思われるかもしれないですが、
これだけでは補償の額が心もとない

任意で加入するバイク保険(ばいくほけん)は人身事故といった大きな損害が
発生した時に最も必要になります。

確かに、中古バイク本体の方は普通自動車(ふつうじどうしゃ)と比べて
ずっと激安価格で購入できるため、
もし車両が壊れた場合にも、補償なしでも十分に買い直しは可能でしょう。

しかし、交通事故でもしドライバーであるご自身、または相手のドライバーの方や
通行人の方が大怪我をされてしまったら場合によっては
数千万円から一億円以上もの賠償金等の支払い義務が発生する事もありえます。

バイクの運転中に事故を起こした場合も、当然ながら自動車事故と同じく
高い損害賠償や怪我の治療費が発生する可能性はありますのでご注意下さい。

また、相手の車や持ち物など、物的な損害が出た時の弁償も起こりえます。
中古車の状態 | | オートバイ | 2010/02/22 
年式の古い車でも車両保険に加入できる?
だいぶ以前に製造された自動車-すなわち低年式車・旧車である場合、
任意の自動車保険に加入契約を申し込む際に年式や車体の状態によっては
入ることが出来ない時もある?という疑問について。

まず、大手の保険会社でしたら基本的に、10万円以上の修理支払い限度額に
設定をする事で加入を受付付けてもらえるでしょう。ただ、通販系の保険の場合は
古い車の加入を受け持ってもらえない場合もあります。
中古車の状態 | | 旧車 | 2009/08/18 
中古車を任意保険に加入する必要はある?
中古市場で購入した自動車は保険にはをかける必要がある?という疑問について。

まず、自賠責保険はもちろん強制加入が義務のため中古車でも加入しなければ
なりません。
任意保険の場合は絶対に必要、というわけではないのですが、交通事故や
盗難、災害、故障などのトラブルに遭われてしまった場合に困ってしまいますので
基本的には保険会社への契約を行った方が良いでしょう。

しかし新車と違い車体の状態が古く、また安価で購入できる事や、
時価が低いなどの要素により保険金額が下がるなど、
新車よりも任意保険に加入されるメリットが低くなりがちという点もあります。
中古車の状態 | | 中古車 | 2009/06/15 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-category-37.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。