自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
タイヤ交換の頁です。車のトラブルや損害発生時にお役立ちの自動車保険比較方法や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自転車タイヤのパンク修理はいくら?
自転車のタイヤは自動車やバイクよりもゴムの厚みが薄く、道路上に画鋲や釘が
落ちていてそれを踏んでしまったり、砂利道を走っていて鋭い石や棘を踏んで
しまっただけでもタイヤがパンクして、空気が抜けてしまう事が多いです。

また長期間自転車を漕いでいてだんだん空気圧が低くなってきたり
ゴムが磨り減って磨耗して薄くなっていくといつかはパンクしてしまいます。
普通のママチャリや折りたたみ自転車などに比べてゴムが分厚く頑丈な
マウンテンバイクのタイヤも、点検をしなければやはりパンクしてしまいます。

自転車のタイヤはいつどこでパンクしてもおかしくなく、普段は自宅で
パンク修理セット一式を使って直していても、遠くに外出していて
家から大分離れた位置で急に路上の針や棘を踏んづけたりタイヤの寿命が来て
空気が抜けてしまうとまた大変です。

帰るまでの長い距離を徒歩で自転車を引っ張りながら通行しなければならないので
そんな時に、各地の自転車屋(サイクルショップ)で営業されている
パンク修理サービスが大変役立ちます。
自転車タイヤのパンク修理はいくら? の続きを読む


スポンサーサイト
タイヤ交換 | | タイヤの話 | 2011/07/13 
タイヤの磨り減りと交換時期を示すスリップサインとは?
クルマのゴムタイヤは、新しく買ってホイールに取り付けた時は
まだ綺麗で滑り止めの溝の模様も角ばっていて深みがあります。

しかし長い間運転していくうちにやはり道路の路面や小さな障害物
との摩擦で徐々にタイヤは磨り減っていき、次第に溝も浅くなり
スリップ(滑り)が起きやすくなっていきます。

当然その状態では、カーブや急ブレーキの操作といった時や
雨、雪の日、また滑りやすい路面の走行中でのスリップや
ハイドロプレーニング現象を引き起こしやすく自動車事故に
繋がってしまいますので数年おきに新しいタイヤに交換する必要があります。

タイヤを換えていない不備の状態でスリップ事故を起こされてしまうと、
ご自身の過失割合も上がってしまい、またケガや車両破損の度合いも
より深刻な状況にになりかねませんのでご注意下さい。

タイヤの磨耗を表すライン線


タイヤには、磨り減り具合により交換の時期を判定するための
『スリップサイン』という目印があります。

安定に走行するには一定以上の(くぼみ)の深さが必要であり、
道路との磨耗により1.6mm以下にまで削れていくと、
横線のスリップサインが、一番上のゴム部分とくっつくように目立って表れます。
タイヤ交換 | | タイヤの話 | 2010/04/03 
オートバイ・自転車のタイヤはパンクが起きやすい?
オートバイ・スクーター・自転車と、二輪車はややパンクが起きやすい傾向にあります。

タイヤのゴムが自動車よりも小さく薄いため、道路上に落ちている大きな釘や
金属の破片のとげ部分が刺さってしまいゴム部分を貫通しやすく、また
一般道路は中央がやや盛り上がった形状であるため、路上の異物が路肩の方へ
行きやすく、その区位置を走行するバイクや自転車のタイヤがこれらの障害物を
踏みつけてしまいやすいためでもあります。
タイヤ交換 | | タイヤの話 | 2009/08/19 
自動車タイヤ交換の値段を安く済ませるには?
自動車の四輪に付けられているタイヤは走行させていくうちに道路や地面との
摩擦で次第に磨り減っていき、あまり長く使いすぎるとスリップやパンクの原因にも
なるため、3年~5年おきくらいには一度、新品のタイヤに交換する必要があります。

しかしながらタイヤの交換には、新品のタイヤの値段に、交換作業の代行(工賃)、
また今まで使っていたタイヤの廃棄処分の料金や税金と、結構な費用がかかるため
その負担はやはりなるべく軽減したいものですよね。

タイヤの交換はまず、自分で換装作業ができれば一番安上がりになりまして、
ご自身で行われる際にはレンチジャッキなどの器具が必要になります。

業者の方に交換をお願いする場合は、タイヤの種類や店舗にもよるのですが
ガソリンスタンドよりもカーショップの方が安い傾向にあるようです。
タイヤ交換 | | タイヤの話 | 2009/08/04 
パンクしたタイヤを交換修理するのに保険は適応できる?
自動車のタイヤが突然パンクしてしまった時の対処方法について。

クルマ(四輪車)の車輪[ホイール]に取り付けられているゴムタイヤは、
主に走行中に受ける衝撃の緩和・吸収や滑り止め、安全性の向上を
目的としてほぼ全ての車両の分類である乗り物に設置されています。

一般的な自家乗用車の他にも自転車やバイク(自動二輪車)、特殊車、
モノレールや地下鉄などの鉄道、飛行機など幅広く導入されています。

長い期間道路を走っていますと自転車と同じく路面への摩擦により次第に傷んで
磨り減っていきますので、数年おきに交換するため新しく買い換える必要があります。

タイヤ館や自動車関連のパーツ店、また現在は通信販売でもお気軽に購入が
できますし、激安比較サイトで値段を比べてみるのも一つの方法です。
交換修理を行う時には主に修理業者やガソリンスタンド、カー用品店にて
行ってもらいます。

しかしタイヤは自動車本体というよりは備品の扱いとなりまして、
傷んできたために交換する場合や走行中などに突然パンクしてしまった時などの
例だと、自動車保険を使って費用を削減する事はできませんのでご注意下さい。
タイヤ交換 | | タイヤ | 2009/06/17 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-category-39.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。