自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自転車の安全対策の頁です。車のトラブルや損害発生時にお役立ちの自動車保険比較方法や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
レンタルサイクルで借りた自転車が故障した時は?
レンタルサイクルは、サイクルショップの店舗や観光案内施設で自転車を一日借りて、
その周囲の地区で観光などの目的で乗る事ができるサービスです。

自転車はしっかりと点検されているので、ペダルやブレーキなどのどこか一部分の
パーツが壊れていたりタイヤが磨り減りすぎている事はまず無く、
またギアなどの機能も充実しているので安心して走行できます。

電動アシスト自転車など、更に充実した機能の自転車を借りられるサービスもあります。
(その分、値段が高くなる場合もあります。)

借りる自転車には通常、保証や盗難防止の防犯登録も付帯していて、
レンタルの値段にその補償金額も含まれているので、何かトラブルがあった時も
店舗の人に対応してもらえます。(サービスによって異なる場合もあります。)
レンタルサイクルで借りた自転車が故障した時は? の続きを読む


スポンサーサイト
自転車の安全対策 | | 自転車パーツ・サイクル用品 | 2012/03/03 
レンタルサイクルの損害保険付帯サービスとは?
自転車を一日の間、有料で貸し出ししてもらえるレンタサイクル(rent-a-cycle)は
例えば遠く離れた場所に観光旅行に来て、その周辺を自転車に乗って
こまめに巡りたい場合や、用事があって到着した駅からかなり離れた場所に
行きたいけどバスの方向が違う、といった場合などにとても役立ちます。

サイクリングが好きで、旅行先でもレンタルサイクルをご利用されている方も
また多いかと思われます。

この自転車の貸し出しサービスは、レンタカーの会社で実施されていたり、
市町村の公共団体が街の発展の一環としてサービスを提供されている物が多いです。
また、リゾートホテルや旅館、ロッジ、道の駅、鉄道駅で借りられる所もあります。

借りられる自転車は前カゴやギア、電動モーターが付いていたりと、
利便性と安全性にとても優れていて快適に走行ができます。
ですが自転車も一応車両として扱われるため、多くのレンタルサイクルで
自転車傷害保険がしっかりとサービスによる付帯で入っています。
自転車の安全対策 | | レンタカー・レンタルバイク | 2011/03/01 
折りたたみ自転車の事故による怪我の注意
折りたたみ自転車(フォールディングバイク)は普通の自転車と違い、
ハンドル部分やフレームを折り曲げてタイヤを平行して並べるように
折り畳む事の可能な設計で作られた特殊な自転車です。

値段は8000円と安くてシンプルな製品から、2万円、3万円~と、やや大型で
様々なパーツが搭載されている製品まで幅広くあります。

小型で、クルマのトランク等に入れて運ぶことも容易である事から、
近年では全国のサイクルショップやホームセンター、ディスカウントストアで
発売されていて大変普及しています。

タイヤのサイズは主に16インチや20インチのものが多く、実際に折り畳んで
持ってみるとわりと重量感があり、力持ちの方でなければ長時間の持ち歩きは
結構ハードな部分もあるのですが、軽素材で作られた高価な自転車でしたら
わりと軽く持ち運べるものもあります。

また、ある程度の距離を歩いて持つ際には専用の折り畳み自転車収納用カバー
(2500円~3000円ほど)が必要にもなってきます。
従来の自転車と違い、使う時は折り畳み状態から組み立てて、
各レバーやサドルをしっかり固定してから乗らなければなりません。

しかし、うっかり正常に折りたたみ部分の金具が固定されていない状態で
乗ってしまうと、走り出す瞬間に自転車のフレームが倒れたりサドルが下にずれて
バランスを崩してしまい、そのまま転倒して怪我をしてしまうおそれがあります。
自転車の安全対策 | | オススメ折り畳み自転車 | 2010/11/29 
自転車の損害賠償責任保険は今は少ない?
自動車やバイクだけでなく、自転車にも任意保険をかける事はできます。

もし自転車での通勤・通学や買い物での移動中、サイクリング中に
運転を誤ってしまい通行している歩行者の人や対向車両に乗っている人に
怪我をさせてしまったら、怪我の治療費や休業損害、器物損壊の弁償
といった損害賠償金を支払わなければなりません。

そんな時のために、自転車の損害賠償責任保険(主に傷害に対してのみ)に
予め加入をされておかれる事で事故に遭われてしまった際の
金銭的な損失を大幅に軽減することが出来ます。

しかし、以前はあちこちの保険会社で実施されていた自転車保険ですが、
最近ではほとんどの会社で自転車専門の損害保険の新規販売が無くなりました。
自転車の安全対策 | | 自転車 | 2010/08/30 
自転車保険の特約とは?
自動車やバイクだけでなく、自転車を運転している最中にも
やはり交通事故に遭わってしまう危険はあります。

ただ転倒しまったりする自損事故でしたらまだ被害は自分自身のみで
抑えられるものの、もしもスピードの出しすぎや交通ルール違反、
または不注意が原因で通行人や対向車両の方に怪我をさせてしまうと大変です。

相手の車両や積荷を破損させてしまったり、人身傷害を与えてしまった場合は
治療費や弁償代、休業損害での損失分などを払わなければなりませんし、
また最悪、相手側の死亡や後遺障害にまでなってしまうと
数千万円以上もの大金を支払わなければならないケースもあります。

それほどの額の損害賠償をすぐに支払う事ができる片も
そうそういないでしょう。そんな時のための補償対策としては、
任意の自転車保険に加入されるのがやはり一番です。。

ですが、三井ダイレクトなど一部の自動車損害補償保険では、
自転車で事故を起こしてしまった場合でも保険金を受け取る事が出来る
自転車保険特約も実施されています。
自転車保険の特約とは? の続きを読む


自転車の安全対策 | | 自転車 | 2010/07/03 
自転車盗難保険・補償を付けるには?
普通の自転車から電動自転車、折りたたみ自転車、スポーツ自転車を問わず、
自転車を購入する際には防犯登録を行い、これによって盗難被害の防止を
ある程度促す事が出来ます。

しかしこれだけでは実際に盗難被害に遭ってしまいもし戻ってこなかった場合
買い替えの費用の補償などを得る事は出来ませんので、
防犯登録とは別に自転車盗難保険またはメーカーの盗難補償サービスにも
加入されておく事が望ましいです。

自転車の保険料は1年~3年の期間でおおよそ数千円と、
自動車よりはるかに安いので気軽に加入ができます。

(ただ、一部の保険会社では盗難補償が付かず、
例えば日新火災は傷害保険のみとなり、
日本マウンテンバイク協会は運営でのサイクリング中のみ補償が適用されます)
自転車の安全対策 | | 盗難抑止 | 2009/12/17 
自転車通勤・通学の利点と必要なポイント
お勤めの会社・店舗や通われている学校・クラブの所在地が
自宅のお近くにある時は、小回りの利く道順を走行して
クルマや電車・バスよりも自転車で行かれる方が早く着ける事もあります。

自転車でしたら道路の最短コースで行けますし、
バスや電車の途中停車、自動車の回り道がなくなりますので、
家から25分以内のところでしたらわりと一番早く着ける場所も多いでしょう。

交通費や健康面での良さ


自転車通勤手当てが付く会社や市もありますし、
また健康と基礎体力の増強・ダイエット等にも大変効果的です。

環境にも良いですし、ガソリン代や駐車場代、有料道路の料金などもかからず、
通勤・通学費用もより少なくて済む事でしょう。
自転車の安全対策 | | 自転車 | 2009/09/29 
日本マウンテンバイク協会の自転車総合保険とは?
日本マウンテンバイク協会(Japan Mountain Bike Association)-JMAとは
1987年より設立された、日本のマウンテンバイク競技における統括団体であり、
マウンテンバイク・ライフの交流や大会など、様々な活動が行われています。
所在地は〒160-0015 東京都新宿区大京町21- 41。

マウンテンバイクをはじめとするスポーツ向きの自転車では、
ツーリング・長距離サイクリングや山道など舗装されていない路での走行、
競技中などでの転倒事故が起こりやすいので、身体の怪我や車体の破損が
起きた時の為に、自転車保険に加入されておくと安心です。
自転車の安全対策 | | マウンテンバイク | 2009/09/03 
自転車が交通事故で故障・破損した時は?
自転車に乗っている最中に走行中の自動車やバイクに当たってしまい、
大破または中破してしまった、、または駐輪場に停めていた間に
後から入ってきた車やバイクの門が当たって一部が破損してしまった場合、
修理費用や買い替えの費用はどのようになるのか?という疑問について。

まず、こちらが信号無視で飛び出してしまったり通行禁止の車道を走っていた、
駐輪禁止の場所に停めていたなどの交通違反をしていて自分の非が大きかった
場合、損害賠償が払われない、または少ない可能性が高いです。
自転車の安全対策 | コメント 2 | 自転車 | 2009/07/19 
自転車保険は人身事故の賠償の補填で頼りになる補償?
自動車や原付バイクだけでなく、自転車の保険を掛ける事ができる、
という事をご存知でしょうか?

自転車は数千円~1、2万円、電動自転車やロードバイクなどの高いものでも
数万円くらいの値段で、四輪自動車よりもずっと安いため、保険をかける必要性は
確かに車ほどではなく、また防犯登録以外は強制保険などもありません。

自転車事故の被害のリスク


しかしやはり車の一種ではありますので、交通事故や被災によって車両が大破して
しまったり、盗難に遭って損失してしまう可能性もあります。

それだけならばまた1万円程出して買い換える事で代替えもできるのですが、
問題なのは物損事故よりも人身事故の方、
搭乗者が店頭や衝突事故で怪我をしてしまったり、または通行人に怪我を
させてしまった場合、場合によっては大怪我によりとてつもなく高い治療費が
必要になってしまう場合もあります。

また自分自身、または相手の方の持っていた高額な所持品が壊れてしまった
場合や、事故の影響で公共物や塀などを損壊させてしまった場合にも
高い修理費や弁償代がかかってしまいます。
自転車の安全対策 | | 自転車 | 2009/06/22 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-category-45.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。