自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
継続・乗り換え手順の頁です。車のトラブルや損害発生時にお役立ちの自動車保険比較方法や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
慣れない自動車の運転・ハンドル操作時の注意
普段、一台のお持ちの自動車、またはバイクをずっと長い間運転されていて
しばらく別のクルマを運転していない状態が続いていた時、
ある日急に別の車を運転する機会が出来た時に、誰でも最初、
操作に戸惑ってしまう場合があるかと思われます。

普段はオートマティック車に乗っていて、その時だけマニュアル車に
乗る事になった場合や、またはその逆、ほかにもワゴンや軽トラックを
動かす場合は特に、曲がり角でのハンドル総あの感覚が難しい時があります。

数十年前のクルマから最新の新車に乗り換えた時にも、新型の機能・機構
多数搭載されていて使い方に戸惑われてしまう、というケースもありますね。
オートバイにしても、原動機付き自転車から大型自動二輪車に乗り換えた時は
乗り心地が大分変わって、走行バランスが最初は不安定になるかもしれません。

海外での右側路線での走行や、左側に運転席とハンドル等があるクルマに
乗る時も要注意です。いきなり路上に入らず、最初はどこかで慣れてくるまで
試運転・ならし運転をして練習する事も大事です。

ある程度、乗り回していれば慣れてくるものですが、最初はバランスや感覚が
掴みにくいので、うっかり転倒してしまったり対向車や路上の障害物、通行人に
激突してしまわないように、特に慎重に運転をするように心がけましょう。
慣れない自動車の運転・ハンドル操作時の注意 の続きを読む


スポンサーサイト
継続・乗り換え手順 | | ならし運転 | 2011/01/12 
自動車保険を他社に乗り換える時の注意点
現在、自動車の損害保険商品を販売されている会社は数十社にもなり、
それぞれのサービスや保険料の設定なども多様化しています。


AIU保険、JA共済、SBI損保、あいおい損保、アクサダイレクト、アドリック、
アメリカンホーム、イーデザイン、エース、セコム、セゾン、ゼネラリ、
ソニー損保、そんぽ24、チューリッヒ、ニッセイ同和、共栄火災、三井住友海上、
全労済、損保ジャパン、朝日火災海上保険、日新火災、日本興亜損保、富士火災 等。


それまでの都市に加入契約していた自動車保険会社から、ご自身の
クルマの運用により合った他社での損保に乗り換えをしてみたい、という際に、
変更の手続きに重要ないくつかの注意点があります。

まずは基本的な事なのですが、新しくご加入される予定の保険会社の
受付窓口かオンライン加入頁、またはライフパートナーの保険代理店で
必要事項を記入する時には必ず「他社からの乗り継ぎ」を報告しましょう。

うっかり二重契約になってしまうのを防ぐためと、今までの等級割引を
引き継ぐためです。
インターネット契約などで間違えて完全な新規加入で申し込んでしまうと
再び6等級からはじまり、保険料の割引が受けられなくなってしまいます。

それまでの保険会社で解約してから新しく別の保険会社に行く
二度手間をかけずとも、乗り換えをする会社の申し込み時にサービスで
自動的に引継ぎの手続きを行ってもらえるサポートも近年では実施されています。
継続・乗り換え手順 | | 損保の加入契約 | 2010/09/08 
満期案内の継続用告知はがきが届いたら?
自動車保険は契約期間が基本的に1年間であり、1年おきに満期が来るための
そのまま翌年の分も続ける場合はその都度、継続手続きを行う必要があります。

その前の1ヶ月~3ヶ月くらい前に、保険会社の方から満期に関する
案内の告知ハガキが届きます。

ハガキを開くと現在での契約内容と支払いの分、ご負担額の差額の計算結果や
アドバイザーから提案されるお勧めの契約についての詳細といった記録や、
更新をされる際にお得な項目なども書かれています。

また、一年間で自動車保険を使った事故の回数や割引の内容、おすすめ特約も
書かれていますので、継続の場合にも参考になる事でしょう。
継続・乗り換え手順 | | 記録 | 2010/03/18 
自動車保険の契約継続手続きを行うには?
自動車保険・共済は契約加入日(または前回更新日)から1年目に
契約期間が終了(満期)となりますので、基本的に翌年も加入を
続ける際には1年おきに継続手続きを行う必要があります。

満期日が近づいてきましたら更新手続きに関するお知らせが
自動車保険会社から届きます。
(JA共済等は数日前になると告知の電話を掛けて下さる時もあります)

契約手続きをしないまま期限を過ぎてしまいますと
保険が無効になってしまいますのでご注意下さい。

ご継続の仕方


まず、チューリッヒなどインターネットからダイレクトで
加入契約をされた際には、継続手続きの方も自動車保険会社ホームページの
専用ページからオンラインで行う事ができます。

インターネットで継続の申し込みを行われる際には保険料が
割引になるサービスも多くの会社にて実施されています。

その際、新規加入時と同じく証券番号または登録ID等が必要になります。

自動車保険会社・共済の窓口または代理店にて契約をされていた場合は
以前に手続きをされた窓口まで赴く必要がある時もあります。

更新完了後は、銀行への入金振込の場合、翌営業日あたりから
開始となりますので、保険の有効期間の間が開かないように
なるべく数日ほど余裕を持たせて継続の手続きを行いましょう。

一年前の状態から色々と条件や必要な保障も変わってくる事も
多いかと思われますので、一一通りの契約内容を見直して、
新しく追加・変更・解約をされる部分があるかもチェックされてみましょう。

年齢条件の変更や安全装置配備の保険料割引サービスの追加
といった更新は満期更改の時でなくても、いつでも行う事も可能です。
継続・乗り換え手順 | | 損保の加入契約 | 2010/02/05 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-category-53.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。