自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
2008年07月の日付頁です。車のトラブルや交通事故の損害発生時にお役立ちの自動車保険と損害補填プランの選び方や見直し、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点、搭乗者傷害補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
  損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポート等を、初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
保険の対象を決める際に注意すべき年齢条件とは?
自動車保険には『年齢条件』という担保が設定できる事をご存知でしょうか?
年齢条件とは、~歳未満のドライバーが運転した場合は保険の対象に当てはまらない、
というもので、ここで設定した年齢が高いほど支払う保険料を安く済ませる事ができます。
  • 年齢を問わず担保
  • 21歳未満不担保
  • 26歳未満不担保
  • 30歳未満不担保
  • 35歳未満不担保
と、4~5の設定段階に分かれています。

年齢条件に当てはまらない人が運転した場合


年齢条件が高いほど保険料が安くてすむのは交通事故を起こされる割合は
統計として20歳前後の方が最も多いためで、逆に考えると20歳前後の方が
特に自動車保険が必要になるともいえます。

例えば自動車運転免許を取得し立てで20歳前後の家族の方が家の車を運転した場合、
もしここで交通事故に遭われてしまい保険を使わなければならない時、年齢条件が
26歳未満不担保と設定されていたら保険が適用されなくなってしまいます。

このような事にならないために若い身内の方が免許を取得されて車の運転を許可される
際には必ず年齢条件の確認と変更を行う必要があります。また、子供特約という
特別な年齢条件の設定もあります。

年齢条件の更新はあくまで任意なので、変更手続きを忘れないようご注意下さい。
保険の対象を決める際に注意すべき年齢条件とは? の続きを読む


スポンサーサイト
年齢条件の決め方 | | お役立ち情報 | 2008/07/30 
自動車保険のより良い選び方・ポイントは?
自動車保険は現在保険会社が大変多く、各会社おきの料金やサービス、体制も
大きく違うので、やはり加入する際にどの保険に入ればよいか迷われてしまうかと
思われます。

保険料が安いところがお薦めとも限らず、保険に契約する自動車の車種や時価額、
使う用途、また運転をされる方、ご加入される方と人それぞれによってお薦めの内容は
大分異なります。ここで大切なのは、自分によく合った内容の保険を見つける事です。

自分に合った保険を探すには?


まず自動車保険はできるだけ保険料を安く済ませたい、
という点につい目が行きがちですが
決して安ければよいわけではなく、逆に安いほど対応サービスが充実しなくなり
いざという時にサポート面や金銭面のトラブルや口論が多発してしまう事もあります。

もちろん保険料が安いに越した事はないのですが、肝心の保険の内容が
ご自身によく合っていなければかえって損をすることになってしまいます。

しかし無理をして多額な保険料をかけて普段の生活が圧迫されてしまうのも良くないので
景気的な面と自動車保険の内容をよく見つめて、じっくりと検証していく事が大切です。
損保の選び方 | | 自動車全般 | 2008/07/28 
短期で加入契約も出来る自動車保険とは?
自動車を所有していない場合、一時的に他の車を仕事で動かすことになったり、
家族旅行でレンタカーを使用する時など、少しの間車を使う機会が出来た場合には?
そんな時に自動車保険の短期契約も可能です。

長期のプランにある割引やキャンペーンが受けられない分 通常より多少割高に
なってしまうものの、一時的に運転する時こそ操作や感覚の不慣れによって危険も
高まるため、短期の保険を持って安心と保障を手に入れる事も大切です。

ドライバーズ保険とは?


車を所有していなくて運転免許を持っている人が加入できる
ドライバー保険という契約もあります。

一時的に車を使う際にお薦めです。こちらは家族・親族・業務車の運転など
一部の場合で適応されないケースもありますので加入の前にご注意下さい。

レンタカーや業務の車は通常自動車保険に加入されているのですが、
短期の自動車保険やドライバ-保険によって保険金により安全な額やサービスを
上乗せして加える事ができます。
短期契約の安いコース | コメント 4 | お役立ち情報 | 2008/07/26 
自動車保険でサポートしてもらえるロードサービスとは?
自動車保険の『ロードサービス』とは交通事故や車の故障に遭われてしまった際に
応急に駆けつけて周囲やレッカー車の手配など、様々な面でサポートしてもらえる、
トラブル対策のための緊急措置を受けられるサービスです。

保険会社によってロードサービスの内容や充実さは異なるのですが、
主にトラブルサポートと日常のドライブサポートを受けることができます。

ロードアシスタントサービスの具体的なサポート


日本全国に数多くあるサービス拠点からいつどこからでも修理スタッフが駆けつけて
応急作業をしてもらう事ができます。
(無料で駆けつけてもらえる範囲には100km、など保険会社によって指定があります)

自動車故障の修理に燃料の補充、車が動かせない時には無料でレッカー車を手配して
もらえます。また、事故に遭われた際での帰宅や宿泊費の面でもサポートしてもらえます。

カーナビやチャイルドシートのレンタル、ペットホテルの費用など、日常や家族旅行の
際にもサポートを受けられるサービスが充実した保険会社も数多くあります。
ロードサービス | | 車関係なんでも | 2008/07/25 
免責金額を設定して保険料を安くする事ができる?
自動車保険(車両保険)の免責とは、交通事故などに遭われた際に
損害賠償や修理費・医療費を保険会社から賄ってもらえる金額の分から
一部を差し引いて自分で負担して支払う分の金額を設定する事です。

この金額を高く設定するほど、保険会社に支払う保険料を安くする事ができます。

免責の設定は任意で0円でも問題はないのですがこの場合は日々の保険料が
その分割高になります。かわりに事故などに遭われた時には基本的に全額を
保険会社に賄ってもらえます。

免責金額を設定するポイント


最初の免許を取り立てや車に乗り立ての頃は自動車事故や修理が必要なトラブルの
起こる可能性などがピンとこなくて最初は金額の設定が難しいかと思われますので、
長く車の運転をされていて免責金額の設定を行われている身内の方や身近な人に
アドバイスを聞いてみると良いと思います。

あまり高く設定しすぎるといざという時に保険料の差し引き的な採算が
とれない可能性もありますので、
支払う保険料とのバランスを考えて金額を設定するのが良いでしょう。
損害補償の免責金額 | | 車関係なんでも | 2008/07/24 
飛び石による傷の修理は車両保険に適用される?
自動車の走行中に対向車線などから跳ねた小石が飛んできてフロントガラスに当たり、
ひびが入ったり割れてしまった、またはクルマのボディに当たりへこんだり大きな傷が
付いた時、またはいたずらで小石をぶつけられた場合、例え相手がいなくても
(特定できなくても)修理費の保険は適用されるのだろうか?という疑問について。

飛び跳ね石に対する修理費の適用


飛び石によって破損したフロントガラスの交換や大きなへこみの修理等には
自動車保険を使って修理費をまかなう事が可能です。この場合は
事故扱いにはならず、等級も下がる事がないため安心して保険を適用できます。

ただ、あまりに小さい傷程度でしたら保険が適用されない事も多いため、
破損具合をよく見た上で修理に出されるかどうか検討する事も大切です。
飛び石の破損 | | 自動車全般 | 2008/07/23 
2台目の車に適用のセカンドカー割引とは?
自動車保険のセカンドカー割引とは、自動車をご家庭で2台以上お持ちの方で、
同じ保険会社にもう一台の車をご加入される際、等級の上昇など保険料の
特別割引が受けられるサービスです。

多くの自動車保険会社でこの割引サービスが実施されています。

セカンドカー割引の条件


セカンドカー割引を受けるにはまず2台目の車を購入する際などに保険会社の窓口等へ
申告をする必要があります。割引適用の必須条件は、

・1台目の車に11等級以上の割引が適用されている事、
・加入者本人、またはご家族、同居の親族の方の所有する車である事、です。
(後に別居をされる場合にも割引は引き続き適用できます。)
2台目契約の仕方 | | 車関係なんでも | 2008/07/23 
自動車保険の等級制度・保険料の割引率とは?
自動車保険によく聞く『等級』とは、車の事故を起こした回数によって
支払う保険料が変わっていく制度です。

1~20等級まで設定されていて、まずは6等級から始まり、一年を無事故で
過ごすたびに等級が1ずつ上がり、数字が上になるほど保険料が安くなっていきます。

最大20等級まで上がり、17等級以上まで行くと保険料はなんと60%も割引になります。

これには最初の加入時に6等級(10%割引)から始まるので無事故で過ごしたとして
17等級まで上がるには11年ほどかかります。

等級が下がる場合


逆に一回事故を起こすたびに3等級ずつ下がってしまい、4等級で割引0%、
3等級以下は逆に保険料が急激に割り増しになってしまいます。

最低値の1等級ではなんと50%も上がってしまうため、それを踏まえた上でも
事故は極力起こさないように日々安全運転を心がけるようにしましょう。

かといって等級を下げたくないために保険を使わないのは本末転倒なので、もし
車両事故を起こされてしまった場合は自動車保険をフルに活用した方が良いでしょう。
等級割引制度 | | お役立ち情報 | 2008/07/22 
車の保険の評判・クチコミサイト活用方法とは?
自動車保険の会社は数多くあるのですが、加入を選択する基準は比較・見積り
だけではなく、ほかにも様々な要素を参考にする事も必要になります。

実際に交通事故や盗難に遭われた際での応対やロードサービスの迅速さ、
補償金の引き落としがスムーズに行われたかどうか、実際の支払額は
いくらくらいだったか、など自動車保険の評価・口コミ情報が集まるサイトでは
実際の体験談に基づいた大変有益な情報が出揃っています。

参考例


・例えばあるランキングサイトでは『朝日火災』が人気1位、
・アメリカンホームダイレクトは特に実際の事故での対応が良い、
・ソニー損保は契約や更新がとてもやりやすい、

といった評判が数多く寄せられていますので、インターネット上にて各保険会社の
評価を閲覧される事で、大変役立つ情報が得られると思います。
評判・口コミ | | お役立ち情報 | 2008/07/20 
自動車保険の保険料を少しでも安くするには?
自動車保険(ないし車両保険・自動車共済)に支払う保険料は各会社によって、
他にも車種や車の時価額、重量、などでかなり大きく違ってきます。

少しでも安く済ませたい時には、加入の前に比較・見積りなどでよく保険会社との
差を調べておく事がもっとも確実な方法です。

また等級制度(無事故・無違反であるほど待遇の良くなる制度)が年々進むにつれて
保険料も安くなります。加入お申し込みの際にはインターネットから申し込むと
人件費の分で割引になる所も多いです。

安い保険料プラン選択の注意点


保険料が安くても実際の保障がいまいち良好でなかったり、
自分の車使用状況とに合っていなかったりすると本末転倒なので、
金額に見合った保障サービスやプランを備えた保険を探す事を
心がけると良いでしょう。

やはり支払う料金は、お持ちのクルマが外車であったり、
1年間で走らせる走行距離がとにかく長い場合、18歳~25歳までの
若い世代の方が乗られる場合など、契約者の方の状況によって
数万円~十万円以上と、相当に高くなることも大変多いです。
保険料のおすすめ設定 | | お役立ち情報 | 2008/07/17 
車種による自動車保険料の違いとは?
自動車保険の年額の保険料は同じサービスの内容でも車種によってまた違ってきます。

軽自動車のように小型の車両は基本的に保険料も安く、逆に車両が
大型になっていく程高く、また高級車などはさらに金額がはね上がる場合もあります。

新しく自動車やバイクを購入される際にはその車種に伴う後々の自動車保険料の
見通しに至るまでしっかりとプランを立てておく必要があります。

車両の種類一覧


主な車種
  • 自家用乗用車(普通・小型)
  • 営業用乗用車
  • 軽四輪自動車(乗用車・貨物車)
  • 自家用貨物車(普通・小型)
  • 営業用貨物車(普通・小型)
  • 原動機付自転車
  • 二輪車
  • バス(自家用・営業用)
  • 工作車
  • ダンプカー

また、他に車両の重量や大きさによっても保険料は若干変わってきます。
車種別の見比べ方 | | 車関係なんでも | 2008/07/16 
交通事故や損害賠償の際にご安心のバイク保険とは?
バイク保険はオートバイや原動機付自転車を対象とする保険で、自賠責保険
(自動車損害賠償責任保険)と違い強制加入の保険ではない任意保険です。

正確には『バイク保険』というものはなくバイク用に加入する自動車保険の通称です。
自賠責保険と任意保険では、加入の義務・任意、および補償の対象となる範囲が
大きく異なります。
オートバイの保険でも勿論、自賠責保険にはない様々な保障を得る事ができます。

バイク保険の特徴


自賠責保険は車両事故が起きた際に加害者の方が被害者の方を死傷させた場合に
起きる賠償責任の保障を担う保険制度ですが、ご自身が怪我をされた場合や
自身のバイクが破損された場合の保険の対象にはなりません。

バイク任意保険は対人賠償保険にて自賠責保険の更なる補償額の上乗せができるほか、
対物賠償保険や搭乗者傷害保険などもを兼ねていますので、あらゆる面での保障が
バイクの保険にて適用されています。

もちろん大型の自動二輪車のみならず、原動機付き自転車も
普通自動車よりずっと安い保険料での契約加入ができます。
バイク・原付 | | バイク | 2008/07/15 
自動車保険の無料一括見積もりサービスとは?
自動車保険(または車両保険)の見積りとは、自動車保険に新規加入をする前に
契約する車種と時価額、加入サービスの内容など様々な要素から計算して、
年間にどれくらいの保険料がかかるかを導き出す事です。

保険会社の受付窓口やインターネットからの申し込みの際に
見積もり計算をしてもらう事ができます。

一括見積りのサポート


以前は新車販売店やメーカー、中古車販売店のお薦めの保険会社に購入とほぼ同時に
加入するのが主流だったのですが近年では自動車保険を自分で比較して一括見積もりを
行った後に契約を決める、という方法が広がりつつあります。

一括見積もりサービスとはインターネット上などからお客様の情報を記入欄に入力して
複数の保険会社に同時に保険料のお見積もりが無料で依頼できる便利なシステムです。
一括お見積もり計算 | | 車関係なんでも | 2008/07/11 
自動車事故に遭われた際での搭乗者傷害保険とは?
搭乗者(とうじょうしゃ)とは車両に乗っている人の事で、車の運転手と同乗者に
当てはまります。

搭乗者傷害保険(搭乗者保険)は走行中、またはもらい事故など車に乗っている時の
交通事故で怪我・死亡されてしまった方への保険料が支払われます。

搭乗者保険の注意点


搭乗者傷害保険は交通事故によりかかってしまった医療費(通院・入院費など)の
額に応じて、他の保障金額に関わらず必ず一定の金額が支払われます。

ただ、保険料を受け取る際には必ず2年以内に保険会社に医療費の報告と保険料の
請求を申し込む必要があります。

自動的に銀行口座に振り込まれるわけではなく、
請求をしなければ保険金は受け取る事ができないので
もし事故に遭われてしまった際には、事後に十分ご注意下さい。
ドライバー・搭乗者 | | 車関係なんでも | 2008/07/08 
普通車より安い軽自動車の任意保険とは?
軽自動車(けいじどうしゃ)とは日本の自動車の中でも最も小さい分類の自動車で、
長さ3.40m、幅1.48m、高さ2.00m、排気量660cc 未満の車両が当てはまります。
(125cc超250cc以下の二輪車含む)

また四輪車を『軽四輪』、二輪車を『軽二輪』と呼びます。

軽自動車は、普通自動車などに比べて任意保険の支払い額や自動車税がおよそ
半分くらいと、大変安くなっています。

軽自動車保険選びのポイント


軽自動車の保険は確かに安いのですが、しかし保険会社によっては保険料が
大幅に違うため、加入条件やアシスタントサービス、制度の違いを
事前によく調べておく必要があります。

また保険料が安くても保険の下りる額の割合やロードサービスといった
お役立ちのサポートなどにも違いが出る場合もあるので、
どの会社の保険プランが自分に合っているか
事前によく見ておくと後々でかなりお得になります。

また同じ軽車両の分類でも、国産車と外車(輸入車)では基本的に
料率クラスの違いや部品の交換流離などの面で、
やはり国内企業生産のクルマの方が保険料は安い傾向にあります。
軽自動車の填補 | コメント 2 | 軽自動車 | 2008/07/05 
自動車保険はよく比較して選ぶ方が後々安くなる?
自動車保険会社は
  • チューリッヒ
  • そんぽ24
  • アメリカンホームダイレクト
  • ソニー損保
  • セコム損保
  • あいおい損保
  • 三井ダイレクト
  • アクサダイレクト
と、現在数多く存在します。
これらの保険料やサービス、保証制度はどれも皆同じなのか、という疑問について。

より自分に合った保険を探すとお得?



現在では競争化社会のためか各保険会社の保証保障内容や支払い・受取金額・
またキャンペーンの充実などに昔と比べて差が出てきています。

一人一人によっても、また車種や時価によっても保険の基準は
より複雑化していまして必ずこれが良い、といえるところは最終的に契約者の方次第
という事になるのですが、新しく加入される前には各社の保険制度や金額を
よく見比べておかれると後々お得になります。
任意の比較方法 | | 車関係なんでも | 2008/07/04 
自動車保険のQ&Aコーナー
自動車保険やバイク保険などの車両損害保険やトラブルに遭われた時の
対処など、車両保険に関して特に疑問に思うこと、よくある質問についての
Q&A(質問・回答)コーナーを設置しました。

調べ物知りたい情報の閲覧など、他コーナ-とも併用でぜひお役立て下さい。

車保険でよくある質問と回答・一覧


Q.1 自動車保険とは何ですか?

A 自動車を運転中に他の車や物、通行人に衝突してしまった際や盗難、火災などによる
損害に遭われてしまった際、保険に加入している事で損害賠償金額の何割かを
保険会社より支払っていただける保険システムです。

Q 2 自動車保険の内容はどの保険会社も同じですか?

A 近年では競争化社会のため保険会社により金額の支給や支払い、サービス、
キャンペーンが大きく異なるため、自分によく合った保険会社を探して選択する
必要があります。

Q 3 保険契約をした自動車にしばらくの間乗らない場合はどうすればいいですか?

A 廃車や身体的な事情、仕事による都合、免許の喪失といった場合で車にある程度の
期間乗らなくなる際、中断手続きを行い中断証明書を発行してもらう
事でその期間、等級が引き継がれます。
自動車保険とは? | | 自動車全般 | 2008/07/01 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-date-200807.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。