自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
2010年04月の日付頁です。車のトラブルや交通事故の損害発生時にお役立ちの自動車保険と損害補填プランの選び方や見直し、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点、搭乗者傷害補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
  損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポート等を、初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
ハイリスクな車種には積み立てタイプの保険がお薦め?
スポーツモデルカーや高級輸入車などをはじめ、車種によっては
総計で事故発生率が他のクルマよりも高いために、ハイリスクの要素で
料率クラスが上がり、支払いう自動車保険料が高くなります。

自動車の行き来の様子

積立てプランの仕組み


まず、購入費の高いクルマはガソリン代や部品交換などの維持費や修理代金も
高くなりがちなため、車両保険を付ける必要性が高い事もあります。
しかし料率クラスで当座の保険料がかなりの額になってしまう事が多いです。

そこで最初は少し厳しいですが、加入されている間に多めに料金を保険会社に
支払い、契約してから3年間、など決められた期間内に解約をせずにその後
満期を迎えられましたら満期返戻金や配当金が戻ってくる、
という仕組みの貯蓄型の積み立てプランがお薦めです。
ハイリスクな車種には積み立てタイプの保険がお薦め? の続きを読む


スポンサーサイト
車種別の見比べ方 | コメント 2 | 保険比較 | 2010/04/28 
直線道路が長く続くルートの走行中に眠気が起きる危険とは?
日本はアメリカ合衆国やオーストラリア等の広い国に比べるとご存知、
国土はそれほど広くない島国で、また人口密度も高い方であるため
特に都会では交通が大変発達しています。

都会の日常的な交通便


都市圏で生活されている方でしたら、普段は電車やバス、自転車で
通勤されていたり、またクルマやバイクに乗られている方でも
それほど長距離の移動はされず、曲がり角の多いルートを辿って
移動をされている場合がほとんどである事でしょう。

旅行で長距離移動をされる際にも、飛行機や新幹線、寝台列車、夜行バス
といった多くの交通手段から選ぶ事ができます。
そのため、逆に自動車でのドライブ旅行といった機会で長距離移動を
されるのに慣れていない方も多い、という点もあります。

長い直線道路

上の風景写真のように、広い直線距離の道はは高速道路(ハイウェイ)や
北海道といった人口密度の低い地域に多く設備されています。

行き先によっては何時間も、ずっと直線に近いカーブの少ないルートを
ずっと走り続ける事もあり、また、海外では車社会の国も多く、
特に国土の広い地域ではやはり遠距離での移動の機会も増えていきます。
ドライブ旅行中 | | 運転中の注意 | 2010/04/27 
バイク保険料も月払いの分割方法で振込み可能?
普通の大きさのオートバイ(Motorcycle)やスクーター、原動機付き自転車、
大型自動二輪車といったいわゆる『バイク』は自動車よりも、任意保険料の
支払い金額は全般的に安いためそれほどの負担にはならないと思います。

大型自動二輪車

しかし年一括で支払うとそれなりの金額になり、特に若い世代の方には
家計の圧迫になる、などの理由できつい場合もある事でしょう。
また自賠責やガソリン代、洗車、タイヤ交換、免許更新などの出費もあるため
なおの事ですよね。

オートバイ保険の月払


バイクは元々自動車保険と同じサービスで二輪車用に設定されているプランですので
普通車と同様に、年一回、半年に一回、十ヶ月・十二ヶ月に一回ずつ、と
一度に払うか数回に分けて払うかを選択する事が出来ます。

ですので新規加入された初めの年あたりでしたら、無理に一度に振り込まれるよりも
分割コースに設定をして余裕を持って出されても良いでしょう。
バイク・原付 | コメント 2 | オートバイ | 2010/04/25 
カー用品や部品・パーツは買い取り査定して貰える?
今まで長年乗り続けてきたマイカーを買い替えされたり廃棄処分される際、
中古車市場にて車両本体の買い取り査定をしてもらい、ある程度の値が
付きましたら売却して、次に購入される新車費用の足しにする、といった
方法も大変役立ちます。

その際に、中古のパーツやカー用品(装備品・付属品)の買取り査定も
実施しているガレージも大変多く、車と一緒に見てもらえる事をご存知でしょうか?

使わなくなった備品の売却


例えばもう車には乗られない場合や当分マイカーを所有されない場合も
いつかはあるかと思います。

また次に買われる車両では今所持している一部のパーツを使う機会が
無かったり、すでに新車には必要な装備品が揃っていて二重に所持する、
といった時に、使わなくなったな部品やカー用品を
中古車パーツの取扱店等にて売却されるのも一つの節約手段です。

主な買い取り対商品一例
  • 予備タイヤ
  • ホイール
  • マフラー
  • カーナビ
  • シート
  • チェーン
  • キャリア
  • バルブ
  • サスペンション

また逆に、新しくパーツを買う時にもリサイクル中古店を見て周ると
通常の値段よりも格安で購入できる利点もあります。
買取価格査定 | | 中古車査定 | 2010/04/24 
自動車保険料は現在いくらで設定してる?
自動車保険に今現在加入契約をされている場合、月々、または年一回
支払われている保険料はいくらくらい掛かっていますでしょうか?
例えば等級の上昇によって何事も無ければ毎年徐々に下がっていくのですが、
それ以外にも割引が適用できるサービスが非常に沢山あります。

新しく割引サービスを追加する申請


クルマを購入してから暫く経って、デュアルエアバッグやイモビライザー等の
安全装置を取り付けたり、年齢条件の高い差し引きを受けられる誕生日が
来られた時には満期更改の時期でなくても、いつでも設定変更を申請できます。

家族構成や環境の変わる事例
  • 年齢条件を新しく変更できる誕生日を迎えた。
  • 割引の利く安全装置を取り付けた。
  • 原動機付自転車/スクーターを買った。
  • 運転する人が変わった。
  • ご家族の誰か別居になった。
  • 別の遠い地域へ引越しをした。
  • 家計の状態が大きく変化した。
  • クルマに乗る機会が減った。
  • 同居する家族が増えた。
  • 年内に事故を起こされてしまった。
プランの見直し方 | コメント 2 | 損保の加入契約 | 2010/04/23 
搭乗した動物達の治療費を補償できるペット特約とは?
お車でのドライブの際に、愛犬、愛猫を一緒に乗せて、日々
運転をされている方も大変多いですよね。
助手席または後部座席にもペット用シートベルトを付けて、
搭乗中にペットの座り位置を固定されておかれるとより安全です。

愛犬

ですが、もしも車の運転ミスや不慮のアクシデントによる自動車事故に
遭われてしまい、大切なペットがお怪我をされてしまった時のために、
アクサダイレクト等で「ペット特約」という付帯サービスもあります。

ペットの怪我の治療代


動物のためのペット保険に加入をされていなければ、怪我の治療で
もしも手術が必要になったり長期入院を余儀なくされた場合、
相当な医療費がかかってしまう事もあります。

また、動物保険に加入されていて治療代はある程度補償が利いても、
その他のペット関連でトラブルや諸経費にもお金が掛かる事もあります。
損保の選び方 | | 動物保険 | 2010/04/19 
装着品や付属品が壊れた時に賠償請求できる金額は?
近年では自動車の装着品や付属品が新しく次々と取り付けられるように
進歩していき、また必要な付属用品や便利な所持品も増えています。

以前から付いているシートベルトや修理用工具、荷物の固定装置等の他にも
チャイルドシートやデュアルエアバッグ、カーナビ、CDプレイヤーといった
便利な装備品や機能も一般的に安価で備えられるようになりました。

主な付属用品の一覧
  • CDプレーヤー
  • GPS
  • イモビライザー
  • エアバッグ
  • カーナビゲーション
  • クッション
  • コップ立て
  • シート・ベルト
  • スペアホイール
  • チャイルド・シート
  • デリミテーションアンテナ
  • ブースターケーブル
  • フロントガラス修理キット
  • ベビーカー
  • ボンネットカバー
  • リフレクター
  • リモコン
  • 懐中電灯
  • 灰皿
  • 簡易修理用工具
  • 金属チェーン
  • 空気入れ
  • 警告灯組立部品
  • 三角標識
  • 車用空気浄化機
  • 車両カバー
  • 車輪止め
  • 消火器
  • 積荷固定装置
  • 盗難防止装置
  • 道路交通マップ
  • 予備のタイヤ

装備品の損傷による被害


自動車同士の衝突事故などに遭われてしまい、強い衝撃で装備品が
壊れてしまった場合は、ご自身が被害者であり過失割合が相手側に
傾いている際、車の本体だけではなく付属用品や積荷への損害賠償を
相手に求められる権利があります。
パーツ・部品・用品 | | 車体の破損 | 2010/04/17 
全額弁償を勢いで認めて大損をしない為には?
自動車事故はそれ自体がとても深刻なトラブルで、車や物品の破損、
自分や相手側の怪我や精神的なダメージ、仕事の休業や学校の休学と、
非常に困難な障害が数多く降りかかって来てしまいます。

自損事故以外で、相手がいて加害者と被害者が出てくる状況の
対人事故や衝突事故などではこの上に更に、
どちら側に多くの非があって損害額を弁償する義務が出てくるかを
取り決めるまでに起こる、交渉面でのトラブルが起こる事もあります。

しかしこの時に、トラブルを避けたいという気持ちが先行してしまい、容易に
損害賠償の全額もしくはほとんどの金額の弁償を認めてしまい後で後悔を
残さないように、慎重に示談交渉を進めていく事が非常に重要です。

事故後の調査結果で発見される損失の例


例えば相手側に、明らかに「自分は悪くなくてあなたが全部悪い」、と
強固に言い張られてしまい、正式な示談交渉も十分しないまま、つい
気迫で押し負けてしまい、多額に請求された弁償の分を渋々容認して、
勢いで本来加害者側だった人にお金を払ってしまったとします。

後に交通事故の調査結果が出て、過失の配分割合は50%対50%と
相殺されている状態だった場合や、80%対20%、70%対30%と、
こちらがむしろ被害者になる側だった時は結果的に損をしてしまいます。

明らかにこちらが全部悪いわけではなくとも、すでに一度自分自身で
全額の弁償を認めているため、しかも賠償金を払った後だと、
相手に手渡しや銀行口座への振込で渡した後で過剰に出した分の金額を
返してもらうのも難しくなります。
示談交渉サポート | | トラブル&対策 | 2010/04/14 
ドライバーズ保険は他人から車を借りた場合のみ対象?
ドライバーズ保険(自動車運転者損害賠償責任保険)は、
まだ運転免許を取って間もなく、すぐにはマイカーを購入できない場合や、
一時的に誰かの所有車を借りての運転やドライブの代行をする機会が
出た場合などに加入されておくと安心して運転が出来ます。

ですが、担保に当てはまらない車に対しての勘違いをされてしまい
そのまま保険に入ってしまわれるトラブルが出ないように、先に
ドライバー保険がどういうものかを詳しく知っておく事が大事です。

自動車運転者損害賠償責任保険の補償範囲


まず、ドライバー保険は運転されるご本人が他者の所有されている車を
借用した際に、もし事故を起こしてしまった時に借りた相手に迷惑を
かけないように、自分の方を優先して填補してもらう保障サービスです。

しかし、自分で買ったマイカーなど、所有権が自分にある車や、
同居中のご家族(親、兄弟、配偶者、祖父母、叔父、叔母)といった
親族の方が名義の車両は保険の対象にはなりませんのでご注意下さい。

あくまで、他人からの借り物である車両を運転される場合のみが
対象になります。
短期契約の安いコース | | 運転代行 | 2010/04/12 
道路交通法規定の注意義務違反で過失割合が決まる?
自動車交通事故で、加害者と被害者お互い、どちらにどのくらいの
程度の非があるかを取り決めて損害賠償などの割合を計ることを
過失割合、また過失相殺と言います。

事故が発生した原因を究明すると、基本的にはどちらかの注意義務違反が
大きな割合を占めます。

もちろん路上の状態が悪かったり、災害や悪天候といった状況もあるのですが
まずは道路交通法(どうろこうつうほう-略称:道交法)で規定されている
注意義務に照らし合わせた、互いのドライバーまたは通行人側の不注意による
過失が判断基準となります。

運転中の不注意の一例


・信号機の色の確認を怠っていた。
・指定された速度のスピード違反をした。
・スリップサインまで磨り減ったタイヤの交換をしていなかった。
・夜暗くなった時にライトを付けていなかった。
・わき見運転や居眠り・飲酒運転をしていた。
・無理な追い越し・追い抜きをかけていた。
・交差点での右折などの際に対向車や通行人の優先順位を強引に無視した。
・アクセルやブレーキ、エンジンの不調を放置していた。
・携帯電話を掛けたりモニタ画面を見ながら運転していた。
・交通標識やミラーなど、危険防止の警告サインを見ていなかった。

その他にも、状況や地域、地形、交通状態により様々なミスの原因が
存在しますので、どのような時でも注意義務の意識はとても重要です。
対人・対物損害賠償 | | 運転中の注意 | 2010/04/12 
エンジンの排気量で保険料と料率クラスも変わる?
親戚や知人の方に倣って同じ損保会社で全く同じ補償内容の自動車保険に
加入されたものの、なぜか支払う保険料は大分高かった、という場合、
契約をされたお車の車種または排気量(はいきりょう)に違いがあったため、
というケースもあります。

クルマのエンジン(内燃機関)の燃焼の容積が大きくなるほど総排気量の
数値も上がり、この値によって保険料が段階別に変動する制度を、
型式別料率クラス制度(かたしきべつりょうりつくらすせいど)と言います。

自家用乗用車の料率クラス


一般的な自家用普通乗用車と小型乗用車は軽4輪を含めて4つに分類されます。

・軽4輪乗用車:660cc以下
・料率クラスA:1500cc以下
・料率クラスB:1501cc~2000cc
・料率クラスC:2000cc以上

たとえファミリーカーでも、ワンボックス、ミニバン、ワゴンなど
3ℓ以上の排気量があるエンジンを持つ車両は保険料もその分割増になります。
型式別料率クラス制度 | | 維持費用の節約方法 | 2010/04/11 
車両保険を付ける時と付けない時の料金差を比べると?
自動車保険に新加入で契約される時、例えばインターネットの
ホームページ上で設置されている、保険料のお見積り計算コーナーに
車検証ナンバープレートに書かれた番号やご住所、お名前、車種
といった必要な事項を入力して料金をチェックすることが出来ます。

その際で、クルマの種類や現在の等級、お住まいの住所といった項目は
変更させて何パターンも調べる事はあまり出来ないものの、
保障コースの種類を選んだり、オプションや特約を付けるか否かで
月々または年1回に支払いを行っていく保険料の差額を見積もる事も出来ます。

計算結果が大きく変動しやすい項目


特約やサービスにはいまやどこの保険会社でも数多くの種類が
車種や用途に合わせて実施されているのですが、その中でも特に、
『車両保険』を付けるか付けないかで、見積計算の結果が大きく変動します。

また、『年齢条件』を付けるかどうかでもかなり違ってきます。

クルマが衝突事故などで帯はしてしまったり、エンジンの故障や
板金塗装が大きく削れたり装甲が凹んだ時などの修理費や部品の交換、
また丸ごと買い換える時に、車両保険に入っていれば損失額の保障を
受けられます。
車両保険の必要 | | 保険の見直し | 2010/04/10 
普通自動二輪車に任意保険を掛ける事も大切?
バイクのうちの一種である普通自動二輪車(ふつうじどうにりんしゃ)とは
総排気量(そうはいきりょう)が50ccを超えるもので、また400cc以下である
オートバイの事を指します。

さらに細かく分類すると、250cc以下の二輪車は軽二輪(けいにりん)、
250cc超のものは小型二輪(こがたにりん)という様に扱われます。

125ccを下回る車両は小型自動二輪車(じどうこがたにりんしゃ)に分類します。
自動車保険の付帯オプションとして使えるファミリーバイク特約は、
基本的に、この小型自動二輪車のみ対象に出来ます。

他のオートバイに保険をかけるには、バイク用の自動車任意保険に
加入される必要があります。

自動二輪で事故を起こしたときの為の保障


義務で加入する自賠責からの補償は事故で相手が怪我を負われた際に
120万円の限度額の範囲内で補償を受けるのみで、それ以上の額が
かかる場合や、自分自身の怪我の治療費は補填できませんので、
やはり二輪車の場合も任意保険に加入される事が大切です。

新しく新規加入される際に特に気になるのはやはり
年間で掛かる保険料の額と、保障してもらえる内容ですよね。
バイク・原付 | | 自動二輪車 | 2010/04/09 
スクーターの保険はファミリーバイク特約がオススメ?
スクーター(Scooter・すくーたー)はご存知、自動二輪車の一つで、
普通のバイクと違い、足場の板が取り付けられて、両足を揃えて
座るような姿勢で走行ができる形が特徴の乗り物です。

エンジン・モーターといった回路も座席シートの下部に取り付けられています。
車検を受ける義務は無く、また原動機付きき自転車の運転免許の取得のみで
走行する資格も得られます。

大型バイクと比べて小型で排気量は低く、スピードもそこまでは出ないのですが、
中にはビッグスクーターと呼ばれる大型サイズの車体もあります。

個人での移動用の乗り物としての所有のみならず、
出前・宅配サービスなどデリバリー業種等でも導入されています。

スクーターは自動車よりもはるかに安価で購入できますので、
もしある日走行中の故障や交通事故で大破して動かせなくなっても、
本体の買い替えや修理はそれほど金銭的にも難しくは無いでしょう。

ドライブ中のアクシデント


しかし、事故により通行中の他人に怪我をさせてしまったり、
高価な物品や建物、公共物を壊してしまった場合は、相手側での
怪我の治療費や損害賠償責任がのしかかってしまうおそれもあります。

これらの損失を補償できるのがバイク任意保険で、万全的に金銭的な安全を
取り入れるならば、こちらがに加入されるのが良いでしょう。

ですが、ご自身またはご家族の誰かがPAPやSAPの自動車損害保険に
すでに加入されている場合でしたら、車とスクーター(バイク)の
両方の補償を利かせる事が出来る『ファミリーバイク特約』がオススメです。

ご本人や同居中の親族の方が125CC以下のバイクで対人/対物事故を
起こされてしまった場合、自動車に掛けられている主契約と同等の条件にて
相手側への被害額の賠償を補償してもらえるオプションサービスです。
バイク・原付 | | スクーター | 2010/04/09 
自動車を友人や知人に貸している時事故を起こされたら?
自分の所有している、すなわちオーナーとなっている自動車を
友人や親戚、上司、部下、同僚、他、知人や他人、といった
家族以外の誰かに貸して運転を任せていた時に、貸した相手に
交通事故を起こされてしまった時はどうなる?という疑問について。

まず、自動車保険での補償の対象になるかどうか、という事なのですが、
その車に填補の対象が絞られる『家族限定特約』や『年齢条件』
付帯されていると、その対象外である方がドライバーであった場合は
保険金は下りません。

また、無免許や免停中の人物に貸した場合でもほぼ同様ですので、
大切なお車を誰かに貸し出す前には、自動車保険の特約などの対象に
当てはまるか否かを確認して、またしっかりと信頼の置ける人物に
貸し出すように、注意して心がける事が大事です。

特約や割引プランも、時間の経過や生活環境、人間関係の変化に合わせて
時には一通り、見直しをされてみて下さい。

次に、貸し出しをした他者が事故を起こした際に、その貸主にも
損害賠償責任は発生するのか、という疑問について。

まずはその車の運行供用者として、どの程度扱われるかが
判例の大きな要素となります。

例えば友人や知人に一時的に短時間ドライブを任せただけで、そのクルマの
所有権がほぼ自分にあったり、運行で発生する経済的利益の帰属が
ご自身にも回ってくる場合は、共有的に責任を負う事になるでしょう。
プランの見直し方 | | 保険の見直し | 2010/04/08 
過失割合100%の単独事故でも補償してもらえる?
自動車を誤って壁や電柱、ガードレール、標識の柱、自動販売機などに
ぶつけて単独事故を起こしてしまった時は損害保険が無ければ結構大変です。

周りの対向車や通行人には被害が無く、相手がいなくて過失割合が100%
自分にある場合、破損した車の修理または買い替えや、怪我を追われた際の治療、
壊した器物の弁償といった損失額は全てご自身で賄わなければならないのですが、
この場合は自動車保険でも補ってもらえる?という疑問について。

もちろん大丈夫です。こういった単独事故の際でも、
対物保険や自損事故保険、車両保険をしっかりと付けていれば、
ご自身にのみ責任のある、すなわち自爆/自損事故や、100%過失割合が傾いてしまい
自分が完全に加害者側となってしまった場合でも保障を受ける事ができます。

保険金の限度額の設定によって、どこまでの金額を補ってもらえるのかは
変わってくるのですが、これらの補償があるとないとでは全然違います。
自動車保険とは? | | その他 | 2010/04/07 
被害者は国民健康保険で怪我の治療を受ける方が得?
自動車やバイクにぶつけられたり撥ねられてしまい
身体に怪我を負われてしまった際、被害者の方は
加入されている国民健康保険(こくみんけんこうほけん)を使われずに
自由診療で病院での治療を受けられている方も多い様子です。

病院によっては健康保険(社会保険)を使えない、と言われる時も
あるのですがそんな事は無く、健保治療(けんほちりょう)は
ちゃんと受ける事が可能です。

社会保険の使用


自由診療だと通常、2~3倍は治療費が高くなってしまいますので
普通は健康保険を使用した方が断然安く済みます。

加害者側の方が自動車任意保険に入っていて、
ケガの治療費が全額負担してもらえる事になったなら、
特に自分の国民健康保険を使う事を気にする必要はないでしょう。

しかし、相手のクルマが自賠責保険にしか加入していらず、
怪我の医療費の支払限度額である120万円を軽くオーバーしてしまうほど
大きな怪我を負われてしまった場合は、相手側もすぐに所持金から
負担する事が出来ない場合もあります。
交通事故の対応 | | 怪我 | 2010/04/05 
無保険で走行すると免許停止と罰金を課せられる?
無保険で違反の状態、とは任意保険に加入していない事ではなく、
クルマの所有者に強制加入が義務付けられている自賠責保険に
入っていなくて、自動車損害賠償保障法の法律に反している場合も指します。

自動車損害賠償責任保険に入っていないと法律違反となり、
そのままクルマを運転していると五万円以下の罰金と、違反点数6点の加算による
運転免許の停止、すなわち一発免停を受けてしまいます。

また、自賠責に無加入であったり満期年月の時の更新をせずに期限が切れていたら
無保険扱いとなり、車検や新車登録も出来ません。

廃車の時以外は解約が行われないためそうそう期限切れになる事もないのですが、
バイクや原動機付き自転車はいつの間にか切れていた、というミスも
起こりえますので、二輪車を所有されている方は特にご注意下さい。

自賠責保険は、任意加入の方と違い補償が事故の相手側のみ対象で
しかも最低限の金額での填補しか受けられないのですが、そのかわり
支払う保険料は1年で1万数千円、原付は更におよそ半額、と大分安いです。
自賠責保険の仕組み | | 免停・取り締まり全般 | 2010/04/04 
タイヤの磨り減りと交換時期を示すスリップサインとは?
クルマのゴムタイヤは、新しく買ってホイールに取り付けた時は
まだ綺麗で滑り止めの溝の模様も角ばっていて深みがあります。

しかし長い間運転していくうちにやはり道路の路面や小さな障害物
との摩擦で徐々にタイヤは磨り減っていき、次第に溝も浅くなり
スリップ(滑り)が起きやすくなっていきます。

当然その状態では、カーブや急ブレーキの操作といった時や
雨、雪の日、また滑りやすい路面の走行中でのスリップや
ハイドロプレーニング現象を引き起こしやすく自動車事故に
繋がってしまいますので数年おきに新しいタイヤに交換する必要があります。

タイヤを換えていない不備の状態でスリップ事故を起こされてしまうと、
ご自身の過失割合も上がってしまい、またケガや車両破損の度合いも
より深刻な状況にになりかねませんのでご注意下さい。

タイヤの磨耗を表すライン線


タイヤには、磨り減り具合により交換の時期を判定するための
『スリップサイン』という目印があります。

安定に走行するには一定以上の(くぼみ)の深さが必要であり、
道路との磨耗により1.6mm以下にまで削れていくと、
横線のスリップサインが、一番上のゴム部分とくっつくように目立って表れます。
タイヤ交換 | | タイヤの話 | 2010/04/03 
加害者側が保険による賠償金の支払いを認めない場合は?
もしも自動車またはバイクなどの車両に衝突する交通事故に遭われてしまい
ご自身が明らかに被害者側になっってしまわれた時、
普通に考えれば加害者側の方へ、過失割合に応じた賠償金・治療費などを
請求して支払ってもらう権利があります。

そこで実際にお金を払ってもらう場合のほとんどは加害者本人ではなく、
全てのクルマ所有者の強制加入が義務付けられた自賠責保険と、
ドライバーの約8割が加入されている自動車任意保険から、という事になります。

しかし『自賠責』は被害者側のための割合が強い保険であるのに対して、
『任意』の方はどちらかといえば実質、加害者のための割合が強い保険になります。

契約者本人の意向の影響


任意保険会社側にとっては契約者の方は大切なお客様であり、
加入されている方の意向がある程度尊重されます。

加害者側のドライバーが良識ある方であればそうそう深刻な揉め事になる事は
ないでしょうが、稀に極端な例で加害者側に自分には過失が全く無い、と
言い張られてしまい一切保険から賠償を行わない、と言われた場合には
やや面倒な事になってしまいます。

自動車保険会社の方では、お客様の意思に反して相手に保険金を支払うのは
約款の契約上でもできないため、加入者本人が認めなければ賠償金の
支払いが行われません。

過失割合でのこちらの負担がどう考えても大きすぎて、公正な過失相殺に
なっていない、と思われた場合でもやはり同様です。
示談交渉サポート | | 示談交渉 | 2010/04/01 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-date-201004.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。