自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
2010年06月の日付頁です。車のトラブルや交通事故の損害発生時にお役立ちの自動車保険と損害補填プランの選び方や見直し、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点、搭乗者傷害補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
  損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポート等を、初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車保険料は控除対象にならない?
自動車保険に加入契約した後に毎月、または年一括払い(一時払い)で
支払う保険料は、加入者の方の年齢が若い場合やクルマの車種、
走行距離や地域、等級の段階、車両保険の有無、といった様々な
判定基準も組み合わせによってはかなり代金が高くなってしまう場合もあります。

数ある損害保険のうち、住宅や傷害、火災、生命、県民共済といったところは
毎年2月~3月に税務署に提出する確定申告の際での保険料控除の対象となります。
しかし自動車保険料の控除は、残念ながら基本的にどれだけ高い金額を
積み立てたとしても対象にはなりません。
自動車保険料は控除対象にならない? の続きを読む


スポンサーサイト
自動車保険とは? | | 確定申告 | 2010/06/30 
オートバイ・単車事故に任意保険で備える必要性
オートバイ【Auto-bike】別名:バイク・単車)は四輪の普通自動車やその他の
特殊自動車と違い、二輪車のものがほとんどでありスピップや転倒が起こりやすく
また、運転者の体が露出しているというリスクがります。

モーターや燃料を使わない自転車よりも走行スピードも段違いで、
また単車の購入費、維持費も四輪自動車に比べると低いものの、
自転車と比べると大分多くかかります。

オートバイ事故の危険


オートバイに乗っている最中に単車事故に遭われてしまうと、
自動車と違いフロントガラスや鉄製のボディにほとんど身体が
守られていない上に、シートベルトやエアバック、衝突安全ボディ
といった安全設備が少ないためかなりダメージを受けやすい面があります。

また、逆に通行人や対向車のドライバー、搭乗者の人に追突事故で
大怪我をさせてしまった場合、人身障害の損害賠償で支払わなければならない
金額も場合によっては数千万円から1億円以上かかる場合があり、
自賠責保険ではとても賄いきる事ができない非常に高いリスクもあるのです。

他に、オートバイも盗難やいたずらに遭いやすく、盗難保険がなければ
被害に遭われた時に丸ごと車体や付属パーツを失う手痛いダメージを
負われてしまうトラブルの可能性もまた存在します。
バイク・原付 | | オートバイ | 2010/06/27 
車上荒らしの被害は車両保険で補える?
車上狙い(車上荒らし)とは、自動車の中が他人に勝手に荒されてしまい
トランクや座席に積んであった荷物や部品が盗まれてしまう被害の事です。

車上狙いのトラブル


主に車の鍵破りやガラス割り、ドアのこじ開けといった手口で
車内に侵入されてしまうのですが、鍵の掛け忘れや窓ガラスの閉め忘れの
隙を突かれて狙われる場合も多いため、日々のキーロックによる施錠の
確認をする習慣もとても大切です。

家やマンション、月極、といった屋外の駐車場での駐車中・停車中だけでなく
スーパーやデパート、テーマパークといった店舗の駐車場でも
車上荒らしに遭う確率も高く、また人気車・高級車であるほど
車両が狙われやすい傾向にあります。

盗難に遭ったらまずは被害届けを出して犯人の捜索をしてもらう事が
第一です。例えば防犯カメラに映っていれば犯人を特定できる
確率もかなり高まるでしょう。

ただ、相手が必ず捕まえられて盗まれた部品なども元の形で押収できるとは
限りませんので、もしもの時に備えるなら、自動車任意保険の
補償の一つである『車両保険』に入られておく事をお薦めします。

値段の高いパーツを取り付けていたり、たまたま車に高価な物品を
積んであった場合は被害額もかなりのものになってしまいます。
カーナビゲーションなどが被害の代表例の一つですね。
車両保険の必要 | | 盗難 | 2010/06/17 
セゾン自動車火災保険の補償サービスとは?
「セゾン自動車火災保険」とは損害保険ジャパンとクレディセゾンの
系列である、クルマの損保サービスです。
本社の所在地は東京都の豊島区東池袋3-1-1:サンシャイン60。

インターネットからの申し込みと、コールサービス(電話受付)にて
注文の受付が行われている、通信販売専用の保険商品である
『セゾンの自動車保険』はインターネット割引による格安保険料のサービスを
常時、受ける事ができます。

「子供特約」に加入をされると、年齢条件を全年齢にしか対応できない時でも
ある程度まで保険料を差し引いてもらえます。

いざという時の交通事故トラブルなどに遭われた際にお役立ちの
ロードサービスでは、レッカー車による牽引サービスやガス欠の給油、
他にも法律相談や健康相談といった幅広い分野でのサポートを受けられます。
自動車保険会社 | | 保険について | 2010/06/09 
軽自動車の任意保険の料金は?
軽自動車(けいじどうしゃ)はミニカー【mini-car】とも呼ばれる、
普通車より小型サイズのクルマです。
エンジンの排気量が四輪・三輪=660cc以下、二輪車=220cc以下、
また高さと幅、長さも規定値以内に定められた範疇での分類となります。

普通車や大型車の場合はガソリンの使用する量、すなわち排気量が多い分
軽自動車にかかる任意保険での支払い額は、これらよりも
平均的な面で安く済ませることが出来ます。

総額を概算すると、普通車の3分の2から、5分の4くらいの保険料である場合が多く、
また小型乗用車よりも軽車の方が更に4分の3くらいに安い保険料になります。
軽自動車の填補 | | 軽CAR生活 | 2010/06/05 
インターネット契約割引でおすすめのチューリッヒ保険
近年で発達したインターネット市場は保険業界にも多大な影響があり、
新しい提供サービスやオンライン契約の体制が確立しています。
そして自動車任意保険の加入手続きや契約会社の変更・継続も保険会社の
インターネット上でのオフィシャルサイトから行える事もご存知でしょうか?

詳細の入力フォームや料金のお見積り計算、PDFファイルフォーマットでの
約款のダウンロードなど、必要な手続きは全てオンライン上で
行う事ができて大変便利なサービスが各社で提供されています。

そのうち、おすすめな外資系損保の一社で、顧客満足度ランキング一位でもある
『チューリッヒの』オンライン契約を今回紹介します。
インターネット上では『My Zurich』に登録される事で保険料のお見積もりや
お申し込みの入力フォームといったウェブサービスの使用が行えます。
キャンペーン・プレゼント | | ネット通販とオンラインサービス | 2010/06/04 
自動車保険を1年に1回以上は見直すべき?
今現在入られている自動車保険は、お車の使用状況や
加入者・運転者の方、マイカーの状態に最適でしょうか?
といった疑問を時々、目にする事もあるかと思います。

なぜならば、社会保険や生保といった他の損保と違い、
自動車の任意加入保険は運転手の方の年齢や登場の頻度、
車種や安全設備の有無といった小さな変化でも補償のサービスや
備えに最適な契約内容がわりと頻繁に変わっていくためです。

クルマに関する状態の変動はこまめにメモして、
1年に1回以上は一通りのチャックを行って見直しをされると良いでしょう。

例えば、次に年齢条件を変えられる時期はドライバーの中で一番若い方の
誕生日で把握できるため、何年の何月何日から差し引きを適用できるか
事前にチェックしておくのも簡単です。
プランの見直し方 | | 保険の見直し! | 2010/06/03 
水没した自動車の修理は車両保険で補償できる?
自動車は駐車場の場所や天候の変化、または運転中のミスによって、
ボディが一部、もしくは全体が水没してしまうトラブルも稀にあります。

水濡れ・水没トラブルの一例
  • 洪水で雨水や下水道の水に浸かってしまう。
  • 津波に巻き込まれて海水を浴びてしまう。
  • ハンドルの操作ミスで池や川に入ってしまった。
  • 強風やスリップの影響で水溜りや溝に嵌ってしまう。
  • 液体を貯蓄する施設の設備が壊れて運悪く水分をかぶってしまう。

クルマの車体は大雨や大雪など、上からかかる水は弾けても、
ボディの下半分以上、もしくは全体的に水没してしまうと
浸水してシートやトランクが水浸しになってしまい大変な事になります。

またエンジンなどの動力部分にまで水が入り込むと精密回路のショートや
錆びが発生して、使い物にならないくらいに大破してしまう危険もあります。
特に海水や泥水はサビや汚れ、臭いの付着までひどくなってしまいます。
車両保険の必要 | | 水 | 2010/06/03 
新規契約の時に損害補償を十分に備えるには?
自動車損保の会社で新しく任意の保険を掛けられる際に、
新規で初めて加入契約を行われる段階ではまだ等級が高かったり、
特別な割引や補償サービスに適用できない、という事もあります。

しかし新車を購入した時期はそのクルマでの運転に慣れていないのもあり、
ある意味で特にリスクの高い一面もあるので損害補償は十分に充実させておき、
いざという時のトラブルに備えたい、という際のおすすめなタイプについて。

まず、例として三年間、と一定の期間を決めて最初にやや多くの保険金を支払い、
その分の金額を一度預ける形で満期返戻金として保険料の数十%を余分に
払い戻してもらえる『積み立て型保険』がお薦めです。

無事故無違反ならもちろんの事、サービスによっては
自動車事故の有無を問わずに満期の契約終了/更新の時期に返戻金を貰えて、
通常のプランより10万円前後、と総合的に安く済ませることができます。
新規加入時 | | 損保の加入契約 | 2010/06/01 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-date-201006.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。