自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
2010年11月の日付頁です。車のトラブルや交通事故の損害発生時にお役立ちの自動車保険と損害補填プランの選び方や見直し、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点、搭乗者傷害補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
  損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポート等を、初めての方にもわかりやすく解説しています。





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車保険料のシュミレーションとは?
自動車任意保険のシュミレーション(シミュレーション:simulation)とは
加入契約する際での各種補償サービスの内容や所持している車種、運転免許証、
割引特約、等級割引、ロードサービス、年間走行距離、車を走らせる地域、
安全装置の有無といった数多くの要素で保険料などを決める計算を指します。

ご自身の車と周囲の環境、使い方はそれぞれ千差万別ですので、
皆、支払う保険料や受けるサービス内容は異なりまして、
契約を決める時に事前に保険料の支払いなどをシミュレートしていくと安心です。

普段お世話になっている保険代理店やライフパートナーがございましたら、
そちらにお願いをしてシミュレーションを代行してもらうのも良いかと思います。
自動車保険料のシュミレーションとは? の続きを読む


スポンサーサイト
一括お見積もり計算 | コメント 2 | 車保険、見積りと比較 | 2010/11/30 
折りたたみ自転車の事故による怪我の注意
折りたたみ自転車(フォールディングバイク)は普通の自転車と違い、
ハンドル部分やフレームを折り曲げてタイヤを平行して並べるように
折り畳む事の可能な設計で作られた特殊な自転車です。

値段は8000円と安くてシンプルな製品から、2万円、3万円~と、やや大型で
様々なパーツが搭載されている製品まで幅広くあります。

小型で、クルマのトランク等に入れて運ぶことも容易である事から、
近年では全国のサイクルショップやホームセンター、ディスカウントストアで
発売されていて大変普及しています。

タイヤのサイズは主に16インチや20インチのものが多く、実際に折り畳んで
持ってみるとわりと重量感があり、力持ちの方でなければ長時間の持ち歩きは
結構ハードな部分もあるのですが、軽素材で作られた高価な自転車でしたら
わりと軽く持ち運べるものもあります。

また、ある程度の距離を歩いて持つ際には専用の折り畳み自転車収納用カバー
(2500円~3000円ほど)が必要にもなってきます。
従来の自転車と違い、使う時は折り畳み状態から組み立てて、
各レバーやサドルをしっかり固定してから乗らなければなりません。

しかし、うっかり正常に折りたたみ部分の金具が固定されていない状態で
乗ってしまうと、走り出す瞬間に自転車のフレームが倒れたりサドルが下にずれて
バランスを崩してしまい、そのまま転倒して怪我をしてしまうおそれがあります。
自転車の安全対策 | | オススメ折り畳み自転車 | 2010/11/29 
バイク駐車場(オートバイ駐輪場)での被害とは?
駐車場で盗難や車上荒らしの被害に遭うおそれのある車両は
四輪の普通自動車だけでなく、単車専用の駐輪場(ちゅうりんじょう)に
止めるバイク(オートバイや原動機付き自転車)にも危険はあります。

スーパーやデパート、空港、駅前、テーマパーク、公園、学校、会社、
スポーツセンター、マンション、アパート、月極駐車場、自宅のガレージなどに
用意されているバイク駐車場のスペースに停めたオートバイも、
離れている間に部品を外されたり、盗まれてしまう被害は多発しています。

また、いたずらをされてボディに傷を付けられたり、ミラーを割られる、
落書きをされる、転倒させられる、といった被害も起こりえます。
他のドライバーの人が誤ってぶつけてしまったり、通行してる際に
不意に停まっているバイクとぶつかって押し倒されてしまう事もあります。

これらのトラブルで大抵の場合はそのまま逃げられてしまい、
監視カメラにでも映っていなければ誰がやったかわからずに、
結局修理代や買い直しにかかる費用は自分で支払う羽目になる事も多いです。

100%被害を防ぐことは不可能ですが、防犯対策のグッズを取り付けたり、
駐車場内の隅の方など、クルマや通行人がぶつかりにくい位置に停める、
といった対策を日々心がけておかれる事でもトラブルに遭う確率を軽減できます。
駐車場のトラブル対処 | | バイク駐車場 | 2010/11/21 
全労済の自動車保険:マイカー共済とは?
全労済とは、生活協同組合の『全国労働者共済生活協同組合連合会』の通称で、
マイカー共済や団体生命共済、こくみん共済、自賠責共済、ねんきん共済など
あらゆる生活の保障サービス商品の取り扱いを実施されている共済事業です。

共済商品は全国各地のショップで手続きを行なうか、書類を記入して
郵便で送付する、会社や法人の団体の中で加入する、等の方法で申し込み、
また協同組合に加入して組合員になる事ができます。

マイカー共済とは全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)で実施されている
自動車損害保険の商品で、任意で加入する共済です。
共済の内容 | | 特約 | 2010/11/04 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-date-201011.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。