自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
全損してしまった事故車の車両保険による補填とは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
全損してしまった事故車の車両保険による補填とは?
追突事故や大規模な災害・炎上などのアクシデントで自動車やバイクの車体が
もう修理しても使えなくなる程に全壊してしまった場合、数十万円~数百万円を
かけて購入した車両本体とそのパーツや備品を失ってしまい、さらに廃車としての
処分にも費用がかかるなど大変な損失となってしまいます。

車体がほ自損事故などでぼ全壊したりして使えなくなる全損の被害を
受けてしまった時のために、自損事故(物損事故)の任意損害保険に
加入されておくと、多大な損害額や買い直しにかかる料金等、被害額が
ある程度保険金によって補償できます。

車体が半壊状態や少しボディがへこんだりしただけで
まだ修理すれば使える状態の場合は保険会社から修理代として補償額が
支払われます。

しかし全壊状態の場合は新しい自動車を購入するための車両代が
プランの設定に合わせて支払われることになり、全損した時の事故車の方は
保険会社の方の診断で買取をしてもらいます。
(ETC機能やカーナビなど一部の無事だったパーツは取り外してもらう事も可能です)

購入した費用や、今までに取り付けた部品の総計が高いほど事故でクルマが
壊れてしまった時の損害も大きくなってしまうので、やはり車両保険
安いプランでも良いので、各社おきの料金の検討をされた後にでも、
しっかりと付帯をして加入されておかれる事をお薦めします。
交通事故の対応 | | 交通事故 | 2009/08/11 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-105.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。