自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
対人賠償保険金額は無制限に設定すべき?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
対人賠償保険金額は無制限に設定すべき?
強制加入の自賠責保険における対人賠償の上限額は3000万円であり、
重度傷害や死亡の大事故がもし発生してしまった際にはこの上限学内だけでは
とても足りないケースが多いため、自動車任意保険の対人賠償補償にも
加入されておく事も大切です。

任意保険での設定金額は5000万円・1億円・1億5000万円・無制限と、
保険料によって設定が可能なのですが、もしもの大事故のために、
対人賠償だけは無制限にされておく事を強くお薦めします。

もしこちらが加害者で、走行中に人をはねてしまい死亡事故に繋がってしまうと
対人賠償金が一人の場合でも1億円以上もの金額になってしまいます。
まして二人以上の死者が出てしまった場合は2億円・3億円~と、莫大な金額の
支払い義務が発生してしまいます。

ここまでの賠償金をすぐに支払えるほど資産をお持ちの方はそうそういないでしょう。
そのため、対人賠償保険の補償金を無制限に指定されている方は加入者全体の
約95%と、ほとんどの方が設定されています。
対人・対物損害賠償 | | 自動車保険 | 2009/08/26 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-135.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。