自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
原付バイクの自賠責保険だけでは補償額は足りない?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
原付バイクの自賠責保険だけでは補償額は足りない?
原動機付き自転車-原付:250cc以下のバイクにも四輪車と同じく
強制加入の自賠責保険が義務付けられていますので、これに加入手続きを
せずに運転すると、法律により1年以下の懲役または50万円以下の罰金・
そして違反点数6点⇒6ヶ月以内の免許停止の処罰を受ける事になります。

そのため必ず原付バイクの購入時にはすぐに加入の手続きを踏まえて下さい。

ただし、交通事故などトラブルが起きた際、原付での自賠責保険も車と同じく、
支払ってもらえる保険金(対人賠償のみ)の上限額は大まかに、
傷害の治療費=120万円、死亡=3000万円、後遺障害=4000万円となります。

過失割合によっても違ってくるため実際にはこの上限額より低い事もあり、
また対人傷害の賠償金だけでもすべての損失額を補えない場合が多く、
自分自分の怪我の治療やバイクの修理費用は保険の対象外となり、
自賠責保険だけはとても補填しきれない可能性は非常に高いです。

たとえ原付でも、自身・相手側を問わず、死亡事故や重度の後遺障害、
高価な車体の破損といった損害が発生すれば普通自動車と同じく
数千万円~1億円単位での大変な損失額が発生しえますので、
これらを補償できる任意保険には必ず加入されておかれる事が大切です。

チューリッヒやソニー損保、アクサダイレクト、そんぽ24、アメリカンホーム、
三井ダイレクト、セコム、AIU、JA共済、全労済、あいおい損保、ニッセイ同和
といった各社の自動車損害保険にオートバイや原動機付き自転車を加入すると
自賠責保険の上乗せ補償を無制限で付ける事が出来ます。

また、車両の破損や自損事故の補償、ご自身が怪我をされてしまった時の傷害保険
など様々な補填を受ける事ができて大変心強いサービスです。

各社によって料金が異なる所が気になる場合でしたら、インターネットや
保険代理店での一括お見積もりサービスで見比べてみる事も出来ます。
バイク・原付 | | 自賠責保険 | 2009/09/01 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-148.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。