自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
追突事故では当てた側にほぼ過失割合が回る?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
追突事故では当てた側にほぼ過失割合が回る?
自動車同士の衝突事故には、交差点出会頭事故・右直事故、
直線道路での追い越し失敗、高速道路入口での接触事故など、
数多くの事故形態が存在し、中でも最も多いケースが追突事故です。

信号によるストップや急ブレーキ、また後方を走るクルマのドライバーの不注意
など、追突事故が発生する要素はいくつもあります。

しかし基本的には、後ろから前方のクルマに当ててしまった方が、
十分な車間距離を取っていなかった、との理由から、後ろより衝突された方に
過失はほぼ無く、追突した側にほぼ100%の過失割合が当てられる事になります。

しかし、前方のクルマが夜間の尾灯無しでの走行をしていた場合などでは、
前方の車に少し過失割合が回るケースもあります。
交通事故の対応 | | 交通事故 | 2009/09/02 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-151.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。