自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自動車業界の今後の動向で関連企業のシェアも変化する?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車業界の今後の動向で関連企業のシェアも変化する?
昨年2008年に起きた金融危機による景気悪化の影響拡大で、
ニュースでも時より報道されています通り、
現在も自動車産業の需要と供給にはまだまだ落ち込みが見られる様子です。

アメリカ合衆国だけでなく、
日本での自動車工業や保険業界においても
やはり売れ行きの低下をはじめとする影響が見られています。

主に家庭における収入・家計の低下により自動車の維持費が困難になり、
また近年では若年層の車離れの傾向も出ています。

産業への影響


クルマが売れなければ関連企業である、
  • 自動車損害保険
  • 板金塗装
  • ガソリン
  • 部品・用品の販売店
  • 技術者
  • 就職・転職
  • 広告業者
  • イベント企画
  • 輸入・輸出
といった様々な分野のシェアも当然ながら下がってしまいます。

来年では大手を中心に、自動車保険料が大幅に上がってしまう例など、
各企業の商品が値上げに踏み込まれる傾向もあります。

今後の業界全体の動向とシェアが懸念される一方なのですが、
最近でリーマンショックからの景気の落ち込みにもようやく底が見えた、
とのニュースも報道されはじめ、ブラックマンデー時に比べれば
結果的に金融危機の脅威と被害はは大きく下がる、との評論も出ています。

各企業形態の再編やシェアの変化は今後もしばらくは変動する事でしょう。
車をお持ちの方、車に関連する業種にお勤めの方は、
業界の変動へのチェックを行うのが大切な時期であると思われます。
メーカー・販売店 | | 自動車ニュース | 2009/09/17 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-170.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。