自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
21歳・26歳の時は年齢条件の内容変更を忘れずに!の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
21歳・26歳の時は年齢条件の内容変更を忘れずに!
自動車任意保険はドライバーの年齢によって、
保険料が大きく変わります。

特に若い方は事故の発生率が高くリスクが大きい事から、

18歳から20歳が最も高く、以下21歳~25歳、26歳以上、~と
すべての運転者の方の年齢が上がるにつれて保険料が下がっていきますので
年齢を問わず担保』にされるよりも、
年齢条件をつけて契約をされた方が掛け金はずっと安くする事ができます。

例えばご家庭のお子さまが18歳で自動車運転免許を
取得された時は『年齢を問わず不担保』として契約。

その後、21歳になられた時には21歳以上の25歳以下の方が
対象になり21歳未満の方は免責になる年齢条件に変更します。

そしてさらに5年後、26歳になられた時には、
26歳未満不担保の年齢条件に変更します。

また更に30歳になられた時には、
30歳未満不担保の年齢条件に更新します。

契約期間内でももちろん変更できますので、その際には
後々支払う保険料を安くできます。
またはすでに支払っていた場合でも返戻金が戻ってきます。
年齢条件の決め方 | | 保険料 | 2009/10/04 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-180.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。