自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
交通事故の民事・行政・刑事責任処分とは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
交通事故の民事・行政・刑事責任処分とは?
自動車接触事故や人身傷害事故、
また交通ルール違反を起こしてしまった際、

当事者(加害者側)には以下の三つの処分:
  • 民事責任
  • 行政責任
  • 刑事責任
のうちいずれか、もしくは全てが課せられます。

被害者のいない交通違反の場合、
反則金の罰金支払いと点数の減点による行政処分が課せられ、
軽微な場合でしたら刑事処分の対象にはならずに済みます。
ただし点数制度により、運転免許を停止または取り消しされる事もあります。

通行人や対向車の搭乗者がケガをされてしまったり、
相手側の車体や器物が損壊してしまった場合は
民事責任による、損害賠償金の支払い義務が発生します。

この金額は加害者側と被害者側の過失割合により変動します。

そして人身事故の発生といった重度の交通違反をした場合や
罰金・賠償金の支払い義務を怠るなどの行為をした場合は、
刑事責任の処分が発生します。

警察官・検察官による取調べの後、
不起訴処分、即決裁判請求、略式命令請求、正式裁判、
といった各種の裁判手続きにに移行します。

もし、判決の不服があった場合は民事訴訟を行う方法も残されています。
その際には裁判所に手数料の掛かる訴状を提出する必要があります。
交通事故の対応 | | 違反 | 2009/10/05 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-184.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。