自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自己負担金を多く設定する事で掛け金を安く出来る?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自己負担金を多く設定する事で掛け金を安く出来る?
車両保険にも加入して 自動車修理や買い直しに掛かる額を
補償の対象に契約を行うと、月々または年間で支払う掛け金(保険料)が
大きく上がり、金銭的な負担もその分増えてしまうという難点もあります。

しかし、ある程度の免責金額【自己負担金】を設定する事で
支払いの掛金を安く出来ますので、多くの加入者の方が
このシステムを活用されています。

ただ、車種や等級のランク、過去の事故回数といった要素によって
免責金額を必ず設定する必要もあります。

車両事故を起こしてしまった回数が多いほど、
自己負担金の割合は一回目以降=5万円、二回目以降=10万円、
と大きくなっていきます。

逆に等級が高ければ、免責金額は少なくて済みます。
また車体が全損してしまった場合には全額分の保険金を払ってもらえる
例外もあります。
損害補償の免責金額 | | 車体の破損 | 2009/10/20 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-196.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。