自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自動車各種パーツの破損は保険の対象になる?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車各種パーツの破損は保険の対象になる?
自動車保険とはご存知、交通事故や天災、盗難、いたずら等の被害に遭われて
本人またはご家族、相手側の方が死傷されてしまった場合、

または車体が破損・紛失してしまった際に、その被害額と社会的な復帰までに
かかる費用などを保証してもらったり、
他にも様々なアシスタントサービスを受けられる損害保険です。

ここで少し複雑な点なのですが、車に被害が出てしまった場合、車体のみならず
タイヤやサイドミラーなどの交換可能なパーツ、また座席やトランクに積んでいた
備品や他全ての所持品に至るまでの所有物は、どのようなケースで損失してしまった
のかによって保険金支払いの対象に入る場合と入らない場合とがあります。

てん補の適用


各保険会社のサービスプランによってもそれぞれ若干異なるのですが、
例として、タイヤが急にパンクされてしまったケースでは、レッカー車による
輸送や予備タイヤへの交換作業などロードサービスの依頼はできるのですが、
バンクしたゴムタイヤ自体に対しては保険金を使用することが出来ません。

しかし自動車が盗難被害に遭われてしまった場合はタイヤの料金分も
保険の対象となります。

他にフロントガラスやミラーが飛び石で割れてしまった際の修理費も
保険で賄う事ができます。(この場合には等級は下がりません)

対物賠償責任保険は第三者、すなわち被害者側の車体や私物、または
公共物などを破壊してしまった場合のみ適用されるのですが、

自身の車両や所有物が損壊してしまった場合に関しては対象外となりますので
やはり任意保険にも加入される事をお薦めします。

車のパーツや所持品に関しては自分が加害者であるか被害者であるか、また
交通事故か災害、盗難であるか、保険会社のサービスプラン・契約内容によって
複雑に絡み合うような設定となる場合が多いため、出来る限り詳しく各種の
契約内容について知っておく事で後々のトラブルや金銭的損失の回避にも繋がります。
パーツ・部品・用品 | | パーツ | 2008/05/12 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-2.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。