自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
横滑り防止装置で対人・対物・搭乗者傷害保険料を割引できる?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
横滑り防止装置で対人・対物・搭乗者傷害保険料を割引できる?
クルマの安全設備の一つ、横滑り防止装置(よこすべりぼうしそうち)
[トラクション・コントロール・システム-Electronic Stability Control-ESC]
とは自動車に設置できる安全装備の一つす。

車体が横滑りやスピンを起こした際にセンサーが反応して自動的に
タイヤにブレーキを掛けエンジン出力を制御して体制を整え直す事が出来ます。

横滑り防止装置をクルマに取り付ける事でドライバーや同乗者の方の
安全性も向上し、また、通行人や対向車、道路上の障害物に
激突するリスクも減らす事が出来ます。

そのため、自動車保険料のうち、対人傷害・対物傷害・搭乗者傷害の
補償にかかる分を5%ほど割引にしてもらえます。

また、最初からクルマに設置していなくても、購入した後で
横滑り防止装置を設置してからでも自動車保険料割引の申請が出来ます。

横滑り防止装置はドライバーの方と同乗者の方、通行人の方、
対向車の搭乗者の方の全ての人の交通安全を強化することが出来る上、
クルマの破損のリスクも減らせて大変心強い装置です。

任意の自動車保険料は月々の支払額が自賠責と比べてやはり高額なため、
横滑り防止装置といった安全装置の設置で
少しずつでも安くしていく事で、費用の負担を減らしていくと良いでしょう。

自動車保険料の見積もりをする際に、安全設備を一通り取り付けた状態と、
何も設置していない時の状態の差額を比較されてみるとわかりやすいです。
パーツ・部品・用品 | | カスタム | 2009/10/25 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-200.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。