自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
運転ミスによる自損事故でケガをした時は?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
運転ミスによる自損事故でケガをした時は?
自動車の走行中、ハンドルやアクセス・ブレーキの操作ミスで
ガードレールや壁・塀・電柱・街路樹などに激突してしまい
自分自身がケガをされてしまった場合について。

自賠責保険の場合だと、同乗者の方や通行人の方が怪我をされた時には
その方の治療費・損害賠償の救済のために保険金が支払われるのですが、

自分自身の怪我に対しては支払われないため、治療費をカバーするには
任意加入の自損事故保険に契約する必要があります。

SAP・PAP・BAP・ドライバーのうちどのプランにおいても、
対人賠償保険に入られる事で自損事故の補償も自動付帯されます。

この補償があれば、運転ミスによる相手のいない事故だけでなく、
たとえ自分自身にほぼ100%の過失割合があり相手のいる事故においても、
保険金を支払ってもらうことができます。

ただし金額は無制限ではなく、死亡・後遺障害の場合の限度額は1500万円、
怪我による入院・通院の場合は100万円まで、と
相手への補償に対して自分自身の限度額は低め、という点もあります。

ですが対向車との接触事故や自損事故でご自身が大怪我をされてしまう
可能性も、運転をしている限りは決して0ではないため、それらの損害金を
補う自動車任意保険にしっかりと加入をされる事が重要です。
ドライバー・搭乗者 | | ケガ | 2009/10/25 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-201.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。