自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
当て逃げの被害に遭った時 保険は下りる?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
当て逃げの被害に遭った時 保険は下りる?
自動車事故に遭われてしまった場合、自分も相手側も双方ともに
任意保険に加入されていれば、お互いの被害額はかなり抑える事が出来ます。

しかしながら自動車任意保険の加入率は、普通自動車では約80%、
営業用乗用車は約50%、バイクに至っては約30%と低めです。

また、当て逃げされてしまいその相手が見つからなかった場合は
ご自身の保険と実費のみでケガの治療費や破損した車体の修理を
賄う羽目にもなりかねません。

相手が無保険だとしても自賠責保険で怪我の治療費の一部くらいは
まだ向こう側からも補償してもらえるのですが、
当て逃げをされてしまったらそれそらも下りませんのでつらいですよね。

そんな一方的被害を受ける事態のための補償対策として、
『Overturemonitor』と『無保険車傷害保険』が役立ちます。

[Overturemonitor](オーバーチュアーモニター)は
対向車が当て逃げや無保険だった場合で被害者側が損害賠償金を
請求できない時、政府に代わりに賄ってもらう事が出来る、
政府保障事業のサービスシステムです。

[無保険車傷害保険]は任意保険のサービスの一つで、
PAPやSAPの契約プランにセットされています。

無保険車との激突や当て逃げの被害に遭われて損害賠償を
受けられない際、対人保険と同じ金額内で保険金が下ります。

ただしPAPの場合は契約した車に正しく乗っていた場合に限ります。
BAPの場合は車に乗っていない場合、歩行中の引き逃げ被害といった
アクシデントの際にも保険の対象になります。
Overturemonitor | | 交通事故 | 2009/12/10 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-232.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。