自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
対人賠償保険金の設定は1億円でも不足?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
対人賠償保険金の設定は1億円でも不足?
自動車任意保険に加入する上で、最も必要な補償は何か?といえば
やはり対人賠償保険ですね。

なぜなら単純に、車両事故を起こしてしまった後でご自身が
最も被害額を大きく被る可能性が高い賠償責任があるためです。

もちろん、相手の車や付近の建物を壊してしまった場合でも
高い賠償金の支払い義務は発生します。

ですが重度の人身傷害と同じくらいの被害額にまでなる事例は
ほとんどありませんのでリスクはずっと低いともいえます。

しかし問題なのは自動車事故で相手に後遺症が残るほど重い障害を
受けさせてしまったり、最悪死亡させてしまった場合。

こちら側の過失割合や被害者側の逸失利益が高い場合、
1億円~2億円、もしくはそれ以上の支払い義務が発生した例も
過去に数多く起きています。

強制加入の自賠責保険では最高3000万円しかてん補を受けられないため、
到底足りません。

事故によっては対人賠償で支払ってもらえる保険金が
1億円に設定していても大きく不足する自体もあります。

自賠責保険と任意保険の両方で1億と3000万円を補填してもらえても、
数千万円でも足りなければ一生をかけて支払っていかなければならない
事態になる可能性もあるでしょう。

もしもの大事故で保険金が不足する危機を防ぐため、加入者の方のうち
大半は対人賠償を無制限に設定されています。

1億円と無制限での年間での保険料支払いは数千円くらいしか違いません。

やはりドライバーご自身の生涯とご家族、相手側とそのご家族の事全てを考えて、
対人賠償保険は無制限に設定される事が望ましいです。

対人・対物損害賠償 | | 車 | 2009/12/14 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-234.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。