自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
地域料率による地方別の違いとは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
地域料率による地方別の違いとは?
自動車保険料はドライバーの等級ランクや車種による料率クラスで
差があるように、走行している都道府県別の地域によっても
違いが出てくる事をご存知でしょうか?

日本全国を見渡しますと道路設備や交通の混雑具合、
地形や環境、気候など様々な違いがありまして、

地方おきに事故率や損害率も大きく異なるため、
これらを調整するために地域料率という設定も行われています。

海外を中心とした各保険会社のリスク細分型料率では
まず北海道と近畿地方、山陰山陽地方などが最も保険料の水準が高く、
次に関東・甲信越地方と東海・北陸地方、四国地方、九州地方、
東北地方、沖縄県、の順で水準が下がっていきます。

また、同じ地方内でも地域によって細分化されています。

これらの統計を見て更に、どの地域が交通優良地区であり、
どの地域で事故の発生が多いか、安全度を比較してみる参考にもなります。

もちろん保険料が違うからといって それだけで引越しするわけにも
いかないものですが、加入契約の際での一つの参考基準として
チェックをされてみると保険料把握の役に立つでしょう。
型式別料率クラス制度 | | 東北地域 | 2009/12/15 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-235.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。