自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自転車盗難保険・補償を付けるには?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自転車盗難保険・補償を付けるには?
普通の自転車から電動自転車、折りたたみ自転車、スポーツ自転車を問わず、
自転車を購入する際には防犯登録を行い、これによって盗難被害の防止を
ある程度促す事が出来ます。

しかしこれだけでは実際に盗難被害に遭ってしまいもし戻ってこなかった場合
買い替えの費用の補償などを得る事は出来ませんので、
防犯登録とは別に自転車盗難保険またはメーカーの盗難補償サービスにも
加入されておく事が望ましいです。

自転車の保険料は1年~3年の期間でおおよそ数千円と、
自動車よりはるかに安いので気軽に加入ができます。

(ただ、一部の保険会社では盗難補償が付かず、
例えば日新火災は傷害保険のみとなり、
日本マウンテンバイク協会は運営でのサイクリング中のみ補償が適用されます)

盗難のみの保証でしたら自転車メーカーで行われているものもありますので、
保険ではなくメーカー補償へ入られてみるのも一つの方法です。

もちろん、キーロックを二重、三重に掛けたり長時間外出先で放置しない、
など日々の安全対策の工夫と心がけもとても大切です。

ただ、基本的には自動車などの保険を行っている損保企業の
自転車損害保険の方が補償が良く、安心のサービスを受けられます。

自動車と違い様々なトラブルにおける補償がワンセットで受けられる
というわけではないため、事故の傷害、盗難、スポーツなど必要性に応じて
適した保険会社のサービスを見比べて加入をされるのがお薦めです。
自転車の安全対策 | | 盗難抑止 | 2009/12/17 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-236.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。