自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
20歳以下の方の自動車保険料はかなり高い?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
20歳以下の方の自動車保険料はかなり高い?
18歳~20歳の間で自動車運転免許を取得して、新しく車を購入、
または譲渡により取得をして自動車任意保険にも加入する際、

年齢条件がまだ指定できないためお支払いの保険料が
かなり高くなってしまわれる事にご注意下さい。

クルマの任意保険は21歳以上、26歳以上、30歳以上の方のみ
運転をする(保険の適用対象)という条件を付けて、
保険料を大幅にやすくしてもらう事ができます。

(例えば全年齢と26歳以上対象では、1~3万円は違います。)

しかし18歳~20歳の方はまだ、全年齢のみでした適用できません。
自動車やバイクの交通事故は統計として若い方の方が起こしやすく
車両を運転するリスクが高いため、自動車保険料が高くなります。

車輌保険無しでのリスク細分型でも20万円を超えてしまい、
補償限定型でも15万円を超える、という事も普通にあります。

特に男性ドライバーは事故発生率の要素が加わり更に高くなります。

そのため年間または月間で支払う金額が高すぎて加入契約に
戸惑ってしまわれる、若年者ドライバーの方も多いです。

そんな時には、年齢条件の適用ができるようになる21歳になるまでは
高くなりがちな車両保険を外して加入をする、

あるいは他の特約やサービスは必要最低限にとどめておき、
車の使い方もある程度制限する、といった方法で節約するのがお薦めです。

アメリカン・ホーム・ダイレクトの『もどリッチ』など、
積み立てタイプの場合は最初での支払額が高いものの、数年間を
無事故無違反ですごせれば、掛け金のうちの何十パーセントかが
戻ってくる、というサービスをい行われている会社もあります。

各社おきの設定金額はインターネットのお見積り機能等で保険料の違いを
見比べてみると大変わかりやすいです。

そして21歳、26歳、30歳の誕生日を迎えた後に、すぐに年齢条件の
更新手続きを行って保険料の節約をしてみましょう。

ただし家族や知人の中で18歳~30歳の方がその車を運転される場合は、
その方の年齢に基づいて契約内容を設定しましょう。
年齢条件の決め方 | | 保険料 | 2010/02/01 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。