自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
車両新価特約で買い替え費用を支払ってもらえる?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
車両新価特約で買い替え費用を支払ってもらえる?
自動車任意保険に加入契約している車が追突などの交通事故で
激しく破壊されてしまい、全損の状態となって修理がほぼ不可能、
または新車に買い換えた方が安そう?という場合について。

そんな時のために、車両保険には『車両新価特約』という、
再購入にかかる費用を保険金で支払ってもらえる付帯プランがあります。

車両保険に加入されていた際に任意で自由に追加できるオプションの一つで、
ニッセイ同和損害保険や日本興亜損保・イーデザイン損保といった
自動車保険会社にて実施されています。

車両新価保険特約が適用されるにはいくつかの条件もありまして、

・損傷した車体の修理費用が協定保険価額または新車価格の50%以上かかる場合、
・車のエンジンやサスペンションといった重要な部品に激しい破損がある場合、
・ノンフリート契約である場合
・自家用乗用車や自家用貨物車、また一定基準を満たす高年式車である場合

といった要項があります。

支払ってもらえる保険金は代替自動車の取得にかかる購入費用と
その他諸経費の一部となります。事故の発生日から90日あたりの
指定期限日までに代替の新車を購入されて手続きを行われましょう。

ただ、中古車など元々購入時の代金が少ない場合は車両新価特約が適用されない
場合があります。

また、自動車保険に加入契約してから初年度など初めの頃はやはり適用されない
会社もありますので、車両新価特約の使える範囲と条件はよく確認をしましょう。

購入費用の高い高級車人気車を所有されている方にはとても心強い
特約ですので、車両保険の付帯として大変お薦めできます。

新しく所有したクルマを保険に契約したり他の会社に移行をされる際に、
各会社の選択と比較の、一つの要素としてご参考に頂けましたらと思います。
車両保険の必要 | | 新車購入 | 2010/02/06 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-243.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。