自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自動車の内装の修理や付け替えに保険は効く?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車の内装の修理や付け替えに保険は効く?
対応者や右折車との接触や正面衝突、建物の壁やガードレール・電柱への
追突といった、走行中に激しい衝撃を受けてしまう事故に遭ってしまうと大変です。

車が内部まで破損した場合、ボディやエンジン、フロントガラスだけでなく、
車内のいろいろな内装や備品、インテリア、アクセサリといった所持品の修理や
付け替えをしたり一部分の取替え・買い替えにも保険は効く?という疑問について。

破れたシートや割れたパーツの修復


まず、衝撃で破けた座席のシート(椅子)や壊れたシートベルト・エアバッグの
リペアといった、車両の一部を修繕してもらう際にはほぼ問題ありません。

新品のパーツへの付け替えにかかる費用は車両保険で一部補ってもらえます。

しかし以前に付けたタバコの焦げ穴や こぼした飲み物の染みなど、
交通事故と関係のない部分での破損や汚れを直す場合は、車両保険では
まず填補の対象にはなえりませんのでご注意下さい。

車体の一部ではない、トランク収納の工具やバッグ、交通地図、香水、
他インテリアやカー用品の場合、相手の車の所持品の方は
対物賠償保険の対象として、修繕にかかる賠償金の発生した際に補填してもらえます。

しかしご自身の車の内装の修理・付け替えにかかる料金や
破損した積荷の代替にかかる費用は、基本的には対象になりません。

積荷や備品の損失補填


ですが、身の回り品担保特約(みのまわりひんたんぽとくやく)を
自動車保険の契約に付帯していれば、トランクやキャリア、
後部座席や引き出しなどにある荷物や内装、小物の損失時にも
一定の額で保険金を支払ってもらう事ができます。

特約は通常では治療費や損害賠償、修理費を補填してもらえないケースを
埋めてより安心の充実したサポートを得るために必要なサービスです。

ただし現金や金券・小切手などの金品は補償の対象外であるなど、
保険会社によって指定が指定が細かく違う面もありますので
身の回り品担保特約に加入される際には対象の範囲を一通り確認しましょう。
パーツ・部品・用品 | | カー用品 | 2010/02/25 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-248.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。