自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
人身傷害保険の付帯で加わる補償内容とは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
人身傷害保険の付帯で加わる補償内容とは?
自動車の任意加入保険の補償内容でも重要な項目の一つである「人身傷害保険」とは、
契約されていない車に乗っている間に事故に遭われた場合や、
歩行中・サイクリング中などに走行中のほかの自動車に当たってしまわれた場合など、

全ての自動車事故に対して、記名被保険者の方とそのご家族の方が
怪我の治療費や休業損害、ご家族の扶養に必要なお金の保障を受けられる保険です。

例として、ご自身の車を駐車中で車内の外に出られている時に、
通りかかっていた対向車に撥ねられて大ケガをされてしまった場合は
搭乗者傷害保険のみの場合は補償の対象にならないのですが、
人身傷害保険に加入をされていれば問題はなく、しかも
示談交渉の解決を待たずに保険金を受け取る事が出来ます。

また、契約したクルマに関係が特に無ければ、等級割引も下がらずにすみます。

契約車に乗られている方が負傷、ないし死亡に遭われてしまわれた際に保険金を
受け取る事が出来る搭乗者傷害保険とセットでよくプランを組む事になります。

事故の過失割合(加害者と被害者それぞれに非がある分の取り決め)に関係が無く
一定の金額の補填が受けられれるところが多いのも助かるポイントです。

ただ他の保障プランと重複する場合もありますので、加わる際に必要でない部分が
ありましたら、てん補の範囲を制限して保険料を節約する事もできます。

人身傷害保険に加入されていればご自身とご家族がもし不運にも自動車事故に
巻き込まれてしまったという際にも、金銭面で大変助かる心強い補償付帯プランです。
ドライバー・搭乗者 | | 交通事故と安全 | 2010/03/05 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-251.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。