自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
損害賠償の示談支援・代行をしてもらえる場合とは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
損害賠償の示談支援・代行をしてもらえる場合とは?
自動車に乗っていて交通事故を起こしてしまい、対向車に乗っている人に
ケガをさせてしまったり相手の車や持ち物を壊してしまった場合、
また通行人やバイク、自転車をを跳ねてしまったりしたら、
その相手側の被害額の分の損害賠償をしていかなければなりません。

しかし自分が必ず全額払わなければならないとは限らず、
例えばぶつかった人も不注意で運転ミスをしていたり、
車道に飛び出していた場合や信号無視などの交通ルール違反を
していて向こう側にも負い目があった場合は、『過失割合』という、
ご自身と被害者側の過失の妥当性を取り決める事になります。

しかし当然ながら普通の人は過失割合の決め方は知りませんので、
示談交渉や訴訟、調停、裁判といったシステムを経て進めていくのですが、
ここで自動車保険会社に契約をされていれば一定の基準で
示談交渉の支援や代行のサポートを行ってもらえます。

保険会社によってもサービス内容の違いはあるのですが参考までにまず、
加入内容が『SAP』(エスエーピー・自家用自動車総合保険)でしたら
示談代行や折衝といったほぼ全ての手続きをご自身の代わりに行ってもらえます。

PAP』(ビーエーピー・自動車総合保険)だとしたら、人身事故の時の対人賠償
でのみ示談交渉の代行をしてもらえるのですが、車両保険が無いため
対物賠償の時は交渉の方法を教えてもらうといった支援のみとなります。

BAP」(ビーエーピー・一般自動車保険)だと、示談の流れや仕方を教えてもらう
といった支援だけのサポートになります。

しかし被害者側の方に保険会社の社員との同席や代行に了承してもらえない時や、
賠償金額が保険金の限度を大幅に超えていた場合、また自賠責保険にしっかりと
加入されていなかった場合などでは示談支援のサービスを受ける事ができません。

必ず全ての面倒を見てもらえるとは限りませんので、もしも事故の当事者に
なってしまった時ごは自身でもある程度は交渉の前に、示談について
詳しく調べておかれる事も大事です。
示談交渉サポート | | 示談交渉 | 2010/03/14 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-254.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。