自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
加害者側が保険による賠償金の支払いを認めない場合は?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
加害者側が保険による賠償金の支払いを認めない場合は?
もしも自動車またはバイクなどの車両に衝突する交通事故に遭われてしまい
ご自身が明らかに被害者側になっってしまわれた時、
普通に考えれば加害者側の方へ、過失割合に応じた賠償金・治療費などを
請求して支払ってもらう権利があります。

そこで実際にお金を払ってもらう場合のほとんどは加害者本人ではなく、
全てのクルマ所有者の強制加入が義務付けられた自賠責保険と、
ドライバーの約8割が加入されている自動車任意保険から、という事になります。

しかし『自賠責』は被害者側のための割合が強い保険であるのに対して、
『任意』の方はどちらかといえば実質、加害者のための割合が強い保険になります。

契約者本人の意向の影響


任意保険会社側にとっては契約者の方は大切なお客様であり、
加入されている方の意向がある程度尊重されます。

加害者側のドライバーが良識ある方であればそうそう深刻な揉め事になる事は
ないでしょうが、稀に極端な例で加害者側に自分には過失が全く無い、と
言い張られてしまい一切保険から賠償を行わない、と言われた場合には
やや面倒な事になってしまいます。

自動車保険会社の方では、お客様の意思に反して相手に保険金を支払うのは
約款の契約上でもできないため、加入者本人が認めなければ賠償金の
支払いが行われません。

過失割合でのこちらの負担がどう考えても大きすぎて、公正な過失相殺に
なっていない、と思われた場合でもやはり同様です。

公正な判定を受けるには?


そんな時には、面倒なのですが、まずはご自身の加入されている保険会社の
アドバイザーや、最寄りにある専門の相談所に詳しく相談をされてみましょう。

不必要な揉め事を避けるためにも、本人達だけで強引に言い争うのは控えて
第三者を交えた上での話し合いに臨むのが大切です。

損害賠償責任を認めてもらうためには、示談交渉や調停、裁判といった
公的かつ公正な判定方法を受けられる場もしっかりと運営されていますので、
必要に応じてこれらのサポートや機関での判定を求めましょう。

調停和解書を発行してもらえれば、ほぼ支払いを行ってもらえます。
ただし、対象は法律的な損害の賠償のみで、何から何まで全ての損害が対象になる
わけではありませんので、こちら側も多少の見切りは付ける必要もあります。
示談交渉サポート | | 示談交渉 | 2010/04/01 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-258.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。