自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
タイヤの磨り減りと交換時期を示すスリップサインとは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
タイヤの磨り減りと交換時期を示すスリップサインとは?
クルマのゴムタイヤは、新しく買ってホイールに取り付けた時は
まだ綺麗で滑り止めの溝の模様も角ばっていて深みがあります。

しかし長い間運転していくうちにやはり道路の路面や小さな障害物
との摩擦で徐々にタイヤは磨り減っていき、次第に溝も浅くなり
スリップ(滑り)が起きやすくなっていきます。

当然その状態では、カーブや急ブレーキの操作といった時や
雨、雪の日、また滑りやすい路面の走行中でのスリップや
ハイドロプレーニング現象を引き起こしやすく自動車事故に
繋がってしまいますので数年おきに新しいタイヤに交換する必要があります。

タイヤを換えていない不備の状態でスリップ事故を起こされてしまうと、
ご自身の過失割合も上がってしまい、またケガや車両破損の度合いも
より深刻な状況にになりかねませんのでご注意下さい。

タイヤの磨耗を表すライン線


タイヤには、磨り減り具合により交換の時期を判定するための
『スリップサイン』という目印があります。

安定に走行するには一定以上の(くぼみ)の深さが必要であり、
道路との磨耗により1.6mm以下にまで削れていくと、
横線のスリップサインが、一番上のゴム部分とくっつくように目立って表れます。

この状態で走行を続けると危険であり、道路交通法的にも違反になりますので、
長い間車に乗り続けたら時々タイヤの様子を見て、スリップサインが
表れるかその直前あたりにまでゴムが磨耗してきたら、安全のためにも
すぐに新しく新品のタイヤを購入して交換を行いましょう。

交換までの間隔


タイヤが削れていく間隔は、搭乗の頻度や運転の仕方、普段走る路面の状態や
ゴムタイヤの質、車体の重量や積載量などにより差が出てきます。

急ブレーキや急カーブを繰り返すと激しい摩擦で一気にタイヤが磨り減って
しまいますので、なるべく普段からゆったりとした安全運転を心がけましょう。

自動車事故の後の示談交渉の際も、スリップサインの交換忘れで
過失割合が上がって、賠償金の増加や保険金の低下に繋がる事も
ありえますので、様々な面においてもタイヤや車体の管理は大切です。
タイヤ交換 | | タイヤの話 | 2010/04/03 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-259.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。