自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自動車を友人や知人に貸している時事故を起こされたら?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車を友人や知人に貸している時事故を起こされたら?
自分の所有している、すなわちオーナーとなっている自動車を
友人や親戚、上司、部下、同僚、他、知人や他人、といった
家族以外の誰かに貸して運転を任せていた時に、貸した相手に
交通事故を起こされてしまった時はどうなる?という疑問について。

まず、自動車保険での補償の対象になるかどうか、という事なのですが、
その車に填補の対象が絞られる『家族限定特約』や『年齢条件』
付帯されていると、その対象外である方がドライバーであった場合は
保険金は下りません。

また、無免許や免停中の人物に貸した場合でもほぼ同様ですので、
大切なお車を誰かに貸し出す前には、自動車保険の特約などの対象に
当てはまるか否かを確認して、またしっかりと信頼の置ける人物に
貸し出すように、注意して心がける事が大事です。

特約や割引プランも、時間の経過や生活環境、人間関係の変化に合わせて
時には一通り、見直しをされてみて下さい。

次に、貸し出しをした他者が事故を起こした際に、その貸主にも
損害賠償責任は発生するのか、という疑問について。

まずはその車の運行供用者として、どの程度扱われるかが
判例の大きな要素となります。

例えば友人や知人に一時的に短時間ドライブを任せただけで、そのクルマの
所有権がほぼ自分にあったり、運行で発生する経済的利益の帰属が
ご自身にも回ってくる場合は、共有的に責任を負う事になるでしょう。

しかし長期間ずっと相手に車を渡したままでいつでも返してもらえるような
状況になく、ご自身の方に所有車の運行による利益が一切回ってこない場合は
運行供用者性も低くなり、賠償責任を負う割合も低いと判定される
可能性も上がります。

貸し借りの続いている状況次第によってどのように示談交渉や調停等で
判定されるかどうかもまた個人差によって変わってくるでしょう。

なお、車を貸している相手が『他車運転危険担保特約』に入られていれば、
事故を起こされた本人の自動車保険から優先して、賠償金の支払い填補などを
貸主ご自身の保険の代わりに行ってもらえます。
プランの見直し方 | | 保険の見直し | 2010/04/08 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-263.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。