自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
スクーターの保険はファミリーバイク特約がオススメ?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
スクーターの保険はファミリーバイク特約がオススメ?
スクーター(Scooter・すくーたー)はご存知、自動二輪車の一つで、
普通のバイクと違い、足場の板が取り付けられて、両足を揃えて
座るような姿勢で走行ができる形が特徴の乗り物です。

エンジン・モーターといった回路も座席シートの下部に取り付けられています。
車検を受ける義務は無く、また原動機付きき自転車の運転免許の取得のみで
走行する資格も得られます。

大型バイクと比べて小型で排気量は低く、スピードもそこまでは出ないのですが、
中にはビッグスクーターと呼ばれる大型サイズの車体もあります。

個人での移動用の乗り物としての所有のみならず、
出前・宅配サービスなどデリバリー業種等でも導入されています。

スクーターは自動車よりもはるかに安価で購入できますので、
もしある日走行中の故障や交通事故で大破して動かせなくなっても、
本体の買い替えや修理はそれほど金銭的にも難しくは無いでしょう。

ドライブ中のアクシデント


しかし、事故により通行中の他人に怪我をさせてしまったり、
高価な物品や建物、公共物を壊してしまった場合は、相手側での
怪我の治療費や損害賠償責任がのしかかってしまうおそれもあります。

これらの損失を補償できるのがバイク任意保険で、万全的に金銭的な安全を
取り入れるならば、こちらがに加入されるのが良いでしょう。

ですが、ご自身またはご家族の誰かがPAPやSAPの自動車損害保険に
すでに加入されている場合でしたら、車とスクーター(バイク)の
両方の補償を利かせる事が出来る『ファミリーバイク特約』がオススメです。

ご本人や同居中の親族の方が125CC以下のバイクで対人/対物事故を
起こされてしまった場合、自動車に掛けられている主契約と同等の条件にて
相手側への被害額の賠償を補償してもらえるオプションサービスです。

受けられない補償


ただし搭乗者傷害保険は対象から除外されており、
ご自身が転倒・衝突の衝撃で大怪我をされてしまった場合は、
自己負担での治療をしなければなりませんのでご注意下さい。

自分自身の怪我や、最悪の自邸である後遺障害、死亡などもしもの
事態を考慮される際には、別の生命保険/傷害保険にも加入されておかれる
のがお薦めです。

もちろん、ファミリーバイク特約は途中から新しくスクーターを買った場合でも
後から付帯する事が出来ます。

ですが車両など、一部の補償が対象外になるため、十分に各種の保障を
充実させたい時には通常のバイク保険に入られる事をお薦めします。
バイク・原付 | | スクーター | 2010/04/09 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-264.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。