自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
車両保険を付ける時と付けない時の料金差を比べると?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
車両保険を付ける時と付けない時の料金差を比べると?
自動車保険に新加入で契約される時、例えばインターネットの
ホームページ上で設置されている、保険料のお見積り計算コーナーに
車検証ナンバープレートに書かれた番号やご住所、お名前、車種
といった必要な事項を入力して料金をチェックすることが出来ます。

その際で、クルマの種類や現在の等級、お住まいの住所といった項目は
変更させて何パターンも調べる事はあまり出来ないものの、
保障コースの種類を選んだり、オプションや特約を付けるか否かで
月々または年1回に支払いを行っていく保険料の差額を見積もる事も出来ます。

計算結果が大きく変動しやすい項目


特約やサービスにはいまやどこの保険会社でも数多くの種類が
車種や用途に合わせて実施されているのですが、その中でも特に、
『車両保険』を付けるか付けないかで、見積計算の結果が大きく変動します。

また、『年齢条件』を付けるかどうかでもかなり違ってきます。

クルマが衝突事故などで帯はしてしまったり、エンジンの故障や
板金塗装が大きく削れたり装甲が凹んだ時などの修理費や部品の交換、
また丸ごと買い換える時に、車両保険に入っていれば損失額の保障を
受けられます。

見積の調整


しかしながら車両保険を付けると、一気に年間で支払う保険料が
数万円と上昇し、有無を見比べるとかなりの差が出ている、と
見積計算結果ですぐにわかるかと思います。

免責金額を高く設定すると、受け取れる保険金が下がり自己負担分が
増す代わりに、保険料は抑える事も出来ます。

ただ、車の破損は、人身事故が起きた時の被害と違って、高くても
本体、備品の買い替えと廃車の費用くらいまでしかかかりませんので、
とてもすぐには補いきれないという程ではない損失額である場合も多いです。

ですが高級やや輸入車、モデルカーなどの人気車は修理に結構な金額が
かかりやすいため、車両保険があると特に助かります。

付帯するかしないかで保険料が変わるものの、交通事故の損失額を考えると
どちらが結果として安く済むか、じっくりと考慮された後に加入手続きを
行われる事をおすすめします。

車両保険の有無での保険料を各会社おきに比べる際には一括見積もりの
サービスをご利用されてみると正確に計算する事ができます。
車両保険の必要 | | 保険の見直し | 2010/04/10 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-266.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。