自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
保険の対象を決める際に注意すべき年齢条件とは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
保険の対象を決める際に注意すべき年齢条件とは?
自動車保険には『年齢条件』という担保が設定できる事をご存知でしょうか?
年齢条件とは、~歳未満のドライバーが運転した場合は保険の対象に当てはまらない、
というもので、ここで設定した年齢が高いほど支払う保険料を安く済ませる事ができます。
  • 年齢を問わず担保
  • 21歳未満不担保
  • 26歳未満不担保
  • 30歳未満不担保
  • 35歳未満不担保
と、4~5の設定段階に分かれています。

年齢条件に当てはまらない人が運転した場合


年齢条件が高いほど保険料が安くてすむのは交通事故を起こされる割合は
統計として20歳前後の方が最も多いためで、逆に考えると20歳前後の方が
特に自動車保険が必要になるともいえます。

例えば自動車運転免許を取得し立てで20歳前後の家族の方が家の車を運転した場合、
もしここで交通事故に遭われてしまい保険を使わなければならない時、年齢条件が
26歳未満不担保と設定されていたら保険が適用されなくなってしまいます。

このような事にならないために若い身内の方が免許を取得されて車の運転を許可される
際には必ず年齢条件の確認と変更を行う必要があります。また、子供特約という
特別な年齢条件の設定もあります。

年齢条件の更新はあくまで任意なので、変更手続きを忘れないようご注意下さい。

ドライバーの年齢ごとの格安度


しかし逆に21歳、26歳、30歳、35歳と、運転される全ての方の年齢が
上がってきましたら、今度は年齢条件をその都度更新されておくと
お支払いの保険料が一気に1万円単位で格安になり、大変お得ですので
誕生日を迎えられた際にはすぐに更新手続きをされると良いでしょう。
年齢条件の決め方 | | お役立ち情報 | 2008/07/30 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-27.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。