自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
直線道路が長く続くルートの走行中に眠気が起きる危険とは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
直線道路が長く続くルートの走行中に眠気が起きる危険とは?
日本はアメリカ合衆国やオーストラリア等の広い国に比べるとご存知、
国土はそれほど広くない島国で、また人口密度も高い方であるため
特に都会では交通が大変発達しています。

都会の日常的な交通便


都市圏で生活されている方でしたら、普段は電車やバス、自転車で
通勤されていたり、またクルマやバイクに乗られている方でも
それほど長距離の移動はされず、曲がり角の多いルートを辿って
移動をされている場合がほとんどである事でしょう。

旅行で長距離移動をされる際にも、飛行機や新幹線、寝台列車、夜行バス
といった多くの交通手段から選ぶ事ができます。
そのため、逆に自動車でのドライブ旅行といった機会で長距離移動を
されるのに慣れていない方も多い、という点もあります。

長い直線道路

上の風景写真のように、広い直線距離の道はは高速道路(ハイウェイ)や
北海道といった人口密度の低い地域に多く設備されています。

行き先によっては何時間も、ずっと直線に近いカーブの少ないルートを
ずっと走り続ける事もあり、また、海外では車社会の国も多く、
特に国土の広い地域ではやはり遠距離での移動の機会も増えていきます。

似た風景を見続けて眠くなる現象


ここで注意すべき事として、高速道路のように走行中の操縦が簡単で
なおかつ同じような風景がずっと続いている道を長時間走り続けていると
自然的な催眠効果がかかって、運転手の眠気を引き起こしてしまう場合があります。
また、音楽を鳴らし続けながら運転すると更に眠気を助長するケースもあります。

ハイウェイのように時速80㌔・100㌔、とハイスピードでの走行中に
もしも居眠り運転をしてしまうと、すさまじい衝撃での衝突による
大惨事を引き起こしてしまいかねません。

いくら自動車保険に入られていても、ご自身や周囲の通行人、対向車の方が
大怪我、死亡されてしまう危険もかなり高いアクシデントと言えます。

居眠り防止の対策手段


まずは十分に睡眠をとって注意して運転をすることが基本です。
ですがそれでも1~2時間おきにドライブインで休憩を取りながら
無理をせずに運転を継続して移動していきましょう。
また、ミュージックよりもラジオを鳴らす方が眠気の誘発を防ぐ効果もあります。

車を運転できる方が同乗されている場合は、ドライバーの交代で
交互に走行を続けていかれる方法も有効です。
ドライブ旅行中 | | 運転中の注意 | 2010/04/27 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-276.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。