自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
ハイリスクな車種には積み立てタイプの保険がお薦め?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
ハイリスクな車種には積み立てタイプの保険がお薦め?
スポーツモデルカーや高級輸入車などをはじめ、車種によっては
総計で事故発生率が他のクルマよりも高いために、ハイリスクの要素で
料率クラスが上がり、支払いう自動車保険料が高くなります。

自動車の行き来の様子

積立てプランの仕組み


まず、購入費の高いクルマはガソリン代や部品交換などの維持費や修理代金も
高くなりがちなため、車両保険を付ける必要性が高い事もあります。
しかし料率クラスで当座の保険料がかなりの額になってしまう事が多いです。

そこで最初は少し厳しいですが、加入されている間に多めに料金を保険会社に
支払い、契約してから3年間、など決められた期間内に解約をせずにその後
満期を迎えられましたら満期返戻金や配当金が戻ってくる、
という仕組みの貯蓄型の積み立てプランがお薦めです。

掛け捨てタイプとの違い


普通の掛け捨て型の保険は満期までに支払う保険は安く、また通常1年おきの
契約期間となります。対して積立てタイプは期間内に払う保険料が高くなる代わりに、
満期返戻金が戻った際の計算で比較すると掛け捨て型より安くなるメリットがあります。

また、事故を起こされても保険料が上がらない利点もありますので、
ハイリスクな車種には特にお薦めです。

ただ、もし契約の途中で保険会社を変更されたり、クルマに乗らなくなって
満期を迎える前に解約する事になるかもしれない、という場合は
掛け捨て型のコースに入られた方が良いかもしれません。
車種別の見比べ方 | コメント 2 | 保険比較 | 2010/04/28 
コメント
高い車や旬のモデルカーの場合
高級車とか、旬のモデルカーの場合だと、確かに盗難や車上荒しに狙われやすそうですよね。

保険料が高く感じたのもこういった基準があるためなんですか。
06/02 | 藤田
高級ブランド製乗用車のリスク
Re:藤田さん

同じ位の重量や排気量のクルマでも高級ブランド製の乗用車だと値段が高く人気もありますので、
狙われやすく被害にも遭いやすいのが一つの困った点でもありますね。

防犯対策をその分、より重視する必要も出てきます。
06/03 | 運営者
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-277.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。