自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
廃車手続きと解体の引き取り依頼を行うには?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
廃車手続きと解体の引き取り依頼を行うには?
長い期間所持して、また運転していた自動車を廃棄処分しなければならない
場合とは主にどういったケースで起こりうるのか?

まず、現在お持ちのクルマの車籍(所有権)を手放してオーナーをやめるには
廃棄処分の依頼をする以外にも中古車として売却するという方法もあります。

しかし旧車の査定で、車体に使用されているパーツの生産が終了していたり、
交通事故や天災などにより修理不可能なまでに大破してしまった場合、
車両の状態は正常なものの、買い取り手が現れなかった場合には
買取を引き受けてもらう事が不可能となってしまいます。

かといって壊れた車をそのまま所持していても置き場に困りますし、
自動車税も不必要に掛かってしまいますので、たとえ料金がかかってしまっても
やはり廃棄処分としての引き取り手続きを行う必要があります。

車両の老朽化や新車への買い替え時に処分を行う場合を『経年廃車』、
交通事故や災害での損壊のために廃棄する場合を『事故廃車』と呼びます。

なお、現在の普通自動車の寿命は平均で20年から30年くらいと言われています。

法律上での手続きには車両の解体処分を前提とする『永久抹消登録』と
一時的に車を使わなくなう場合に行う『一時抹消登録』とがありまして、
廃車の場合はこの前者に当てはまります。

因みには乗用車や原付(バイク)以外にもバスや電車などの廃車もありまして、
有名なのが113系, 201系, 300系,415系など新幹線の引退などが挙げられますね。

廃棄作業は抹消登録の後、主に自動車解体屋[専門業者]の方に行ってもらいます。
(不法投棄は当然、法律違反ですので絶対に行わないで下さい。)

近年では自動車リサイクル法の成立もありますし、
また自動車税と自賠責保険の支払いが一部返却される場合もあります。

廃車無料査定を行ってもらうとより料金の負担を軽減させられる可能性が
高まりますのでぜひ依頼をされてみるとよいと思います。
廃車引き取り手続き | | 廃車 | 2008/08/01 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-28.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。