自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
使い込んだ古いクルマに車両保険は掛けられる?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
使い込んだ古いクルマに車両保険は掛けられる?
現在からもうずいぶん前に造られた年式の古い自動車や、
長い事乗りこなして使い込んでいてあちこちが傷んでいる車両、
また中古で購入したり、家族や知り合いから譲ってもらったクルマを
所持されていて運転されている方も多いですよね。

古いボディでいつでも買い換えても良い、という場合でしたらPAPなどの
コースでもそれほど困らないかもしれないのですが、愛着があって長く使いたい
という際にはやはり車両保険に入った方が助かる事も多いです。

登録日がずっと前のクルマの場合

しかしながら例えば、10年落ち以上の登録が古い車の場合、
故障や不具合が起こるリスクが新車よりも大きくなるため、
車両保険を加えて自動車の保険に加入されるとすると、
保険料が割高になったり、場合によっては掛けられない可能性もあります。

車両保険に入れる目安の一つとしましては、国内損保の場合では
登録日が7年以内あたりがボーダーラインという具合です。
そのため、旧式のクルマは主にPAPでの加入がメインになるところです。

外資系保険での加入

日本国外の企業である外資系の場合ではアクサダイレクトやチューリッヒなど、
古い車でも引き受けてくれる会社が多いです。
もちろん年間の保険料は車両も対象とすると結構大幅に上がるのですが、
そのかわり料率クラスや等級によってはある程度まで割引が出来ます。

ただ、前に作られた車はエコロジー機能や防犯装備、安全設備が
少ないものも多いですので、他の割引特典は受けられない事もあります。
車両保険の必要 | コメント 2 | 車両保険 | 2010/05/12 
コメント
昔の中古車の所有も考えてます
地理的かつ予算的な都合で、結構昔の中古車を買って所有する事も考えてます。

電車やバスの路線が少ない場所だとクルマも必要になりそうなので。
だいぶ前の型式でも、車の保険には入れますか?
06/01 | 東海
年式によっては保険加入がしにくい事もあります
>東海さん

大分前の年式の車屋中古車の場合だと、外資系のインターネット契約での保険会社や国内の大手損保ともに、加入できるかどうかが難しい場合もあります。

特に車輌保険をかけるのがハードになる可能性もあるため、一件ずつ電話やメール、お見積サポートにて各社にお問い合わせをされてみて下さい。
06/03 | 運営者
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-280.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。