自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
人身傷害補償保険による治療費や介護料での救済の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
人身傷害補償保険による治療費や介護料での救済
人身傷害補償保険(じんしんしょうがいほしょうほけん)は、自動車関連の
損害保険業の要とも言えるサービスの一つで、ドライバー本人と同乗者の方が
負傷されてしまった際に金銭面でほぼ全額での救済をしてもらえます。

車両の搭乗者の方が重い怪我をされてしまったり
後遺障害が残ってしまった際、また最悪、死亡されてしまった場合、
総計で1億円を超過する莫大な損害額が発生する事もありえます。

歩行者や自転車、ロードバイク搭乗者が車に撥ねられて
被害者側になった場合でも、過失相殺になるケースはあります。

横断歩道以外で横切りが禁止されている道路部分での強引な横断、
赤信号無視による飛び出し、ガードレール外側での車道上の通行といった
交通違反や不注意があった場合は通行人の方にも非があるためです。

ただ、やはり運転手の方に過失が傾く場合はとても多い事もあり、
多くの加入者の方はこの補償を付けて契約されています。
近年では自動車保険の完全自由化に伴い各社それぞれの
値引き競争により、保険料の安さが一つの魅力となっています。

なので人身傷害補償保険を付帯してもそれほど負担は上がらずに済みます。
搭乗者傷害保険よりは高いのですが、その分カバーできる額も上がります。

人身傷害補償保険は単にケガの治療費の補填だけでなく、後遺障害が出た際での
将来の介護料や休業損害での損失もすぐに補償してもらえるのも特徴です。
またその他の担保範囲の拡張も設定できます。

たとえ硬い車体の装甲で守られていても、スピードを出した時での
自動車事故での身体へのダメージは相当なものになり、
大怪我や後遺症にまでなってしまう可能性は決して低くは無いため、
もしもの時のために人身傷害保険にはやはり加入される事をお薦めします。
ドライバー・搭乗者 | | 怪我 | 2010/05/22 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-282.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。