自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
新規契約の時に損害補償を十分に備えるには?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
新規契約の時に損害補償を十分に備えるには?
自動車損保の会社で新しく任意の保険を掛けられる際に、
新規で初めて加入契約を行われる段階ではまだ等級が高かったり、
特別な割引や補償サービスに適用できない、という事もあります。

しかし新車を購入した時期はそのクルマでの運転に慣れていないのもあり、
ある意味で特にリスクの高い一面もあるので損害補償は十分に充実させておき、
いざという時のトラブルに備えたい、という際のおすすめなタイプについて。

まず、例として三年間、と一定の期間を決めて最初にやや多くの保険金を支払い、
その分の金額を一度預ける形で満期返戻金として保険料の数十%を余分に
払い戻してもらえる『積み立て型保険』がお薦めです。

無事故無違反ならもちろんの事、サービスによっては
自動車事故の有無を問わずに満期の契約終了/更新の時期に返戻金を貰えて、
通常のプランより10万円前後、と総合的に安く済ませることができます。

また、国内の損保でしたら損害の補償内容や保険金の量もより充実している
場合も多く、無理に積み立て型保険でなくとも、ある程度の出費があれば
十分な保障を付けることもできます。払い込みに掛かる保険料の安さを選ぶなら、
外資系企業のインターネット契約が特におすすめです。

新規加入契約の時は契約者の方が若年者ドライバーであり
等級もまだ低い場合が多く、ハイリスクな面が多いため、
やはり安さよりも補償の充実さを基準に図るのも良いでしょう。
新規加入時 | | 損保の加入契約 | 2010/06/01 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-283.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。