自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自動車保険の型式別料率クラス制度とは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車保険の型式別料率クラス制度とは?
自動車の型式別料率クラス制度とは、車検証(自動車検査証)に記載されている
自家用普通乗用車または自家用小型乗用車の型式おきに決められた保険成績
(損害率)のクラス分けされている制度で、1~9までの段階があります。

この数値が低い(1に近い)ほど支払う保険料は安く済み、逆に数字が上がるほど
保険料も高くなります。

総排気量別の料率


保険料率は自動車の総排気量によってもランクが決められており、賠償料率が
A、B、C、Pの4段階に分けられています。

A→1500CC以下
B→1500CC超から2500CC以下
C→2500CC超
P→2500CC超 の自家用小型乗用車

料率は常に一定というわけではなく、経済や自動車保険会社の方針によって常に
変化していくため、保険に新たに加入する前に調べておくとより正確に保険料の
支払額が計算しやすくなります。
型式別料率クラス制度 | | 自動車全般 | 2008/08/05 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-29.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。