自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自動車保険料は控除対象にならない?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車保険料は控除対象にならない?
自動車保険に加入契約した後に毎月、または年一括払い(一時払い)で
支払う保険料は、加入者の方の年齢が若い場合やクルマの車種、
走行距離や地域、等級の段階、車両保険の有無、といった様々な
判定基準も組み合わせによってはかなり代金が高くなってしまう場合もあります。

数ある損害保険のうち、住宅や傷害、火災、生命、県民共済といったところは
毎年2月~3月に税務署に提出する確定申告の際での保険料控除の対象となります。
しかし自動車保険料の控除は、残念ながら基本的にどれだけ高い金額を
積み立てたとしても対象にはなりません。

持ち家と違い、車の場合は生活資産の一つとは言えない為、
所得控除にはやはり当てはまらないためです。
ただ、身体障害者の方は、特例として、車両保険の契約の場合などで
自動車保険料が控除対象として認められる事もあります。
自動車保険とは? | | 確定申告 | 2010/06/30 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-291.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。