自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
事故の後で車両保険に入ってなかったら?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
事故の後で車両保険に入ってなかったら?
クルマを所有されている方で、強制加入の自賠責保険だけでなく
チューリッヒや損保ジャパン、アクサダイレクト、そんぽ24、JA共済、
アメリカンホームダイレクト、セゾン、三菱、三井ダイレクト、全労済など
自動車任意保険にも加入されている方は、現在統計的に大部分です。

ただ、車体の故障や追突事故、自損事故による大破で損害を被った時に
修理や買い替えに掛かる費用を補償してもらえる『車両保険』は
付帯されていない方も多いです。

なぜならば、填補に車両保険を付けると毎年、もしくは毎月支払う
保険料が何割か跳ね上がってしまうところにやはり大きな影響があります。

また、人身事故が発生した時の損害賠償は数千万円~数億円単位と
かなり高額になるおそれもあるのですが、ご自身の運転されている
クルマなら、最悪でも買いなおせば済むという点もありますね。

車体に保障をかけておくのとかけないのではどちらの方が良いか、
というバランスを決めるのはわりかし難しいものです。

例えば外車(輸入車)の場合、修理にかかる費用は部品の取り寄せなどで
結構高くなりがちで、また安全装置や防犯設備、パーツや特殊な部品などを
数多く搭載されている車両や高級自動車も、事故で壊れた時のリスクが高いです。

他、ドライバーの方の事故を起こしてしまう割合によっても違ってきます。

交通事故が出た時は総合的な金銭的ダメージは相当なものになるため、
いざという時に車両保険に入ってなかった、という事になって困ってしまう
事になるよりは、普段の余裕のあるうちにもしものトラブルの時ために
愛車にも保険をかけておかれると大変頼りになります。
車両保険の必要 | | 交通事故と安全 | 2010/07/29 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-296.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。