自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自転車の損害賠償責任保険は今は少ない?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自転車の損害賠償責任保険は今は少ない?
自動車やバイクだけでなく、自転車にも任意保険をかける事はできます。

もし自転車での通勤・通学や買い物での移動中、サイクリング中に
運転を誤ってしまい通行している歩行者の人や対向車両に乗っている人に
怪我をさせてしまったら、怪我の治療費や休業損害、器物損壊の弁償
といった損害賠償金を支払わなければなりません。

そんな時のために、自転車の損害賠償責任保険(主に傷害に対してのみ)に
予め加入をされておかれる事で事故に遭われてしまった際の
金銭的な損失を大幅に軽減することが出来ます。

しかし、以前はあちこちの保険会社で実施されていた自転車保険ですが、
最近ではほとんどの会社で自転車専門の損害保険の新規販売が無くなりました。

結局のところ、自動車と違い保険料が1年間または3年間に数千円と、
かなり安いのに対して、保険金は3000万円までと高く、会社側にとっても
あまりメリットが少なかった事や、認知度が低く加入者がそれほど
得られなかったため、とも言われています。

(私が加入しています日新火災の自転車総合保険を以前は紹介したのですが、
現在では新規販売が終了して交通事故傷害保険に組み込まれる形となりました。)

現在、普通車だけでなく自転車にも保障を付ける際には、
別の個人賠償責任保険に加入をして、その付帯サービスとして
自転車を対象にするプランを組んで加入契約をする事になります。

保険料は他の補償との併用のため高くなってしまいますが、やはり
もしもの自転車事故やトラブルによる被害の可能性とリスクを考慮して、
ご自身とご家族、保第三者の方のためにも、何かの賠償責任保険
最低一つは事前に加入をされておかれる事をお薦めします。
自転車の安全対策 | | 自転車 | 2010/08/30 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-301.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。